フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

2017/10/14 Marvelous!!!

Dsc055821

 研究社 新英和中辞典での「marvelous」の意味は、
  1 《口語》 すばらしい,すてきな.
    a marvelous dinner [suggestion] すばらしいディナー[提案].
  2 驚くべき,不思議な,信じられない.
    marvelous power 不思議な才能.
 まさに、信じられない、不思議な、素晴らしい出来事があったのです。というか、判明しました。
 前記事にもアップしたように、先週10/7~9と四国へ行ってました。

Dsc05219

 その二日目、四万十川の沈下橋見学の直前、道の駅 よって西土佐 で休憩してました。
 その時、石川ナンバーのホンダ車が入場し、一人のおっさんが降りてきたので、”石川からいらしたんですか?私も石川から来てるんです”と声を掛けました。前日の雨の事、ここまでのルートなどをお話し、それではお気をつけてと私は[岩間沈下橋]に向かいました。
 とまあ、たまにはある話で、記事にするまでもありません。
 ところが、昨日(10/14)下記記事にnamaさんからコメントが入りました。
 
 namaさんは6年ほど前に一度ツーリングでご一緒させて貰った事があり、今でも本ブログにコメント頂いてます。
 昨日のコメントは以下の通り。
本当にビックリ(@_@;)
ろくべさんと四国で会うとは!
四万十川付近の道の駅で
石川ナンバーでお話しさせてもらったワタシがnamaです。
四国車中泊2泊3日中でした(笑
ではではと別れてから、「ろくべ」さんだとふと気づきました。
沈下橋を走っている「ろくべ」さんを盗撮した写真がありますよ(笑
 私こそ、本当にビックリです。二人のオッサンは、お互いブログ繋がりに気付かず四万十の道の駅でお話してたんです。こんな事ってあるんですねぇ。
 で、namaさんから[岩間沈下橋]での写真を貰いました。ありがとうございました。
 左の写真から私だけを引き延ばしたのが、本記事TOPの画像です。

Dsc05582 Dsc055781

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2017/10/09 MTS ソロツーリング to 四国2017(3/3)

走行前:8,483Km
走行後:9,162Km[679Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Dsc00305

  今日も快晴。四国ツー最終日3日目、今日は家に戻らなきゃいけないので600Km超です。

04:30 起床
 昨日(10/8)同様、おっさんの朝は早いです。
05:44 ホテルを出発
 先ずは高知市内観光。といっても、"高知城"と"はりまや橋"を廻るだけですけど・・・、何か。
 早朝の観光スポットを廻るメリットと言えば、人・車がほぼ居ないので、日中では有り得ない場所にバイクを停車出来る事です。
 なので、こんな写真が撮れます。

Dsc05260_2 Dsc05263 Dsc05269_2

 写真を撮り終え6:07AMに高知I.C.に向かいます。

10:23 私市円山古墳(きさいちまるやまこふん)
 鳴門大橋を渡り淡路島S.A.で休憩後、西紀(にしき)S.A.まで一気走りです。私の場合、ソロだとついつい先を急ぎがちになります。
 西紀(にしき)S.A.で給油。
  gasstation給油(加西商事 西紀SA給油所)gasstation
   15.76L \2,474(\157.0/L)21.0km/L(330.7Km/15.76L)

Dsc05284

Dsc05283_2

 舞鶴若狭自動車道を走っていると、綾部I.C.と福知山I.C.の間の西側の小高い丘に、古墳らしきものが見えます。

 ず~っと気にかかっていたのですが、いままで見に行く機会がありませんでした。
 今回、あやべ温泉に浸かってから帰ろうと思った時に、そうだあの古墳にも立ち寄ろうと思ったのです。
 なので、西紀S.A.を出て、福知山I.C.で降りました。
 予想通り、マイナーな扱いの古墳です。出土品がこんな具合に収まっていたという展示がありますが、これと言って特筆すべきものはありません。これが京都府以外の県だったら、もっとメジャーな扱いなのでしょうが、京都にはメジャーどころが多いですからね。私市円山古墳(きさいちまるやまこふん)は、これらの写真を見るだけで十分でしょう。

Dsc05274 Dsc05275 Dsc05278 Dsc05280

  10:35にここを出発。
11:06 あやべ温泉 仁王館

Dsc05285

Dsc05288

 綾部市のあたりは高速で通りかかるだけで、あまりうろついた事もありません。なので今回、このあたりで良い日帰り温泉はないかと探したところ見つけたんです。
 ゲートボール場の奥にある立派な施設です。
 レストランも併設されているので、まずここでランチにしました。
 オーダーしたのは、焼き鯖寿司3貫とそばセット(\1,180)。そばは上林鶏にしました。まずまずのお味です。

Dsc05290

 昼食後、いよいよ温泉です。入浴料は良心的に\500です。
 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉、pH:8.1、内風呂には薬湯があります。露天は日替わりの薬湯で、今日はよもぎ湯でした。
 ニュル感のある私好みのお湯でした。
 12:26にここを出発。
15:28 バイク屋(きゃぷてん)さん
 あやべ温泉からはr1で大飯I.C.に向かいます。ローカルな道ですが快走路で交通量も少なく、7~8台のバイクとすれ違いました。
 大飯I.C.から高速に乗ったのですが、小浜I.C.で降ろされました。小浜I.C. - 若狭上中間で事故の為走行不能との事です。そう言えば、高速に乗る時にそんな表示があった事を思いだしましたが、上り方向だと思い込んでました。 小浜I.C.を降りて暫く時間をつぶし、再度インターを覗いてみると、下り方向に車が走ってます。なら乗れるんだろうと行ってみると無事に高速乗れました。
 15:00過ぎには自宅辺りに到着してたので、自宅に寄らずバイク屋(きゃぷてん)さんに直行しました。
 フロントブレーキのマスターシリンダーの蓋から、ブレーキフルードのような液体がしみだしているのがずっと気にかかってました。
Dsc05294 高知自動車道に乗ってすぐに気付いたので、最寄りのP.A.で蓋のねじを増し締めして、状態に注意しながら走ってきましたが、やはり液体が少し滲み出しています。
 店長に見て貰うと、マスターシリンダーの中のラバー製のセパレータみたいなものの上に水分がたまっておりこれが滲み出したのだろうとの事。清掃しときますから様子見して下さいとの事。

Dsc05295 Dsc05296 Dsc05297

15:56にここを出発。
16:23 自宅に到着
  gasstation給油(加賀谷商事㈱D1セルフ)gasstation
   15.66L \2,177(\139.0/L)22.2km/L(347.3Km/15.66L)
 MULTIのガソリンタンクは満タンで18L。350Km走って未だ2L以上も余力があった事になります。VFRでは考えられなかった高燃費です。慎重に走れば400Kmいけるのかもしれませn。
 四国ツー、楽しかったです。
 今まで、剣山スーパー林道や大歩危・小歩危等、徳島・香川は行った事がありました。愛媛・高知となると、道後温泉くらいで他は手薄でした。
 今回の愛媛・高知旅で、四国全域を網羅しました。あとは、南九州ですね。
にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2017/10/08 MTS ソロツーリング to 四国2017(2/3)

走行前:8,059Km
走行後:8,483Km[424Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Dsc_0628

 ほぼ下道で、最高気温29°の四国路、400Km/日オーバーはきついです。
 四国ツーのメインとなる2日目、ほぼ快晴に恵まれ、最高のツーリングでした。
04:30 起床

Dsc05149

 おっさんの朝は早いです。旅先だと更に早くなります。
 昨晩コンビニで仕込んどいたパンとコーヒーの朝飯を済ませ、出発準備です。
05:44 ホテルを出発

Dsc05150

 天気が良いのが判るくらいに明るくなってきた05:44、瓶ヶ森(かめがもり)林道に向けて出発です。
 06:05には寒風山トンネルを抜け登山開始です。
06:55 瓶ヶ森(かめがもり)林道
 林道とは言っても、全線舗装道です。
 ただ、当然クネクネ狭路の四国路なので、体力的にはきついです。ここで、私より歳上と思われる軽四ドライバーを何台も見かけましたが、全員が早いんです。普通はイラつく筈の軽四が、油断すると見えなくなってしまいます。四国のおっさんは凄腕ドライバーです。
 この日の瓶ヶ森(かめがもり)林道、快晴・紅葉・雲海・月と4拍子揃ってました。おまけに日出時間も重なりました。前述の凄腕ドライバーは、実はカメラおやじ達だったのです。少し話しましたが、こんなコンディションは滅多に無いと、多少興奮状態でした。

Dsc05158 Dsc05164 Dsc05170 Dsc05176 Dsc05182

 この先向かう、石鎚山と雲海、絶景でした。(本記事TOP画像も石鎚山と雲海です)

Dsc05186 Dsc05189

07:47 石鎚山スカイライン
 西日本最高峰の石鎚山(1982M)は日本百名山の一つだそうです。頂上付近の登山口駐車場には大量の車、そして、山ガール、山ボーイ、山ファミリでごった返していました。
 瓶ヶ森林道から石鎚山に登る道は四国路でしたが、ここから南西方向に降りる道は、スカイラインの名の通り、快走路でしたが、結構なスピードで登山者が走って来るので要注意です。
10:33 四国カルスト(天狗荘)
 R440を西に折れr36を西進して、大野ヶ原に到着です。
 と思っていたのですが、R440を西に折れたのはr383だったのです。西進してたのはr383だったのです。これが誤ルートの発端となります。
 大野ヶ原はこんな景色です。

Dsc05196 Dsc05199 Dsc05201

 これでもまずまず良い景色でしたが、この後天狗高原とかを見ると大野ヶ原はパスしてもよいくらいだったなと思います。
 次に天狗高原をGoogleNaviに入力、Naviの指示に従い走ります。私はr383を東進していると思っていたのですが、道の様子もイメージとは違うし、どれだけ走っても到着しません。
 そのうちに、大野ヶ原に来る時に通った道だと気が付きました(路肩で立ションしたので良く覚えていました。犬並みです)。結局私は大野ヶ原からr36を西進、再度r383に出てきました。

Dsc05202

Dsc_0631_1

  ここからは、地芳峠、姫鶴荘(めづるそう)、天狗高原を通って、天狗荘に到着。この誤ルートで、30minはロスしました。
 しかし、四国カルストの絶景は、このロスを帳消しに出来るほど素晴らしものでした。同じカルストの秋吉台よりは私はお気に入りです。

Dsc05204 Dsc05206 Dsc05211 Dsc05214

Dsc05218

Dsc05215

 天狗荘でランチにしました。土佐牛のハンバーグカレー(\950)[5食/日限定]です。普通のお味です。
  どうやらここ四国カルストでも今朝雲海が発生してたようです。これも見たかったなぁ。
 ここからは、四万十川・沈下橋を目指して四国路を下山します。
 
13:07 四万十川・沈下橋
 四万十市の3沈下橋を見学してきました。
[岩間沈下橋]

Dsc05220 Dsc05221

[勝間沈下橋]

Dsc05224 Dsc05223 Dsc05225

[佐田沈下橋]

Dsc05229 Dsc05228

 沈下橋、3橋も見たのでこれで充分です。だって、たんなる橋なんですから・・・。四万十町川にはもっと多くの沈下橋があるのですが、こっちを選んで正解でした。
 佐田沈下橋を出発したのが、14:00。ここから高知市を目指して北上します。
  四万十市で給油。
  gasstation給油(㈱楓商店 一条通SS)gasstation
   14.37L \2,170(\151.0/L)20.6km/L(296.3Km/14.37L)
16:15 横浪黒潮ライン

Dsc05231

Dsc05236

 沈下橋を見た後は、太平洋沿いを北上です。
 横浪黒潮ラインでは、武市半平太先生像を見学したり、帷子崎(かたびらざき)展望台でアイスクリンを頂きました。




17:06 桂浜

Dsc_0637

 高知と言えば坂本龍馬、龍馬と言えば桂浜。桂浜と言えば、坂本龍馬像。
 こんな感じです。龍馬像はど高いので、すぐ隣に足場を組んだ櫓があります。この櫓に登って撮影します。

Dsc05241 Dsc05242 Dsc05250 Dsc05253

17:30 ホテル 港屋
 今宵のホテルに到着直前、給油です。明日も早朝に行動開始なのでその準備です。
  gasstation給油(前川石油㈱弥右衛門SS)gasstation
    6.11L \  880(\144.0/L)21.0km/L(128.2Km/6.11L)

Dsc_0644

Dsc_0638

 屋根のある駐車場&素泊まり一泊\4,900です。駅前という立地にしては特安だと思います。
 しかも、部屋は和室。珍しいと思います。

Dsc_0642

 先ずは、腹ごしらえです。ホテルの周りをうろつくと、三賢人像(大槻玄沢・大槻磐渓・大槻文彦)をチラ見、やがて居酒屋土佐の看板が目に入りました。

Dsc_0643

Dsc_0640

Dsc_0641

 ここで、高知と言えば”かつおのタタキ”です。”かつおのタタキの定食って出来ますか?”と聞いたら、”出来ますよ”との返答。”じゃ、お願いします”でオーダー完了。
 生中ジョッキ一杯と共に美味しく頂きました。
 コンビニで翌朝の朝食を買い出し、ホテルに戻って、一風呂浴びます。ホテルには、サウナ&大浴場があったんです。
 翌日の作戦を立案し、23:00頃就寝です。
にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

«2017/10/07 MTS ソロツーリング to 四国2017(1/3)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村 パーツ