フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/29 SBBチームツーリング to 燕温泉

走行前:41,321Km
走行後:41,761Km[4404Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

1283087308dnzbcb8o

 2→3→4→3→5。

 これって、何だか判りますか・・・sign02

 判るわけ無いですよねhappy01

 今日は、チームRokubeでのデュオツーの予定だったのですが、最終的には5人でのツーとなったんですsmile。上の数列は、2人→3人→4人→3人→5人と、今日のツーのメンバー数の変遷を表現してます。

 まずは、小矢部川S.A.(下り)、きりやまさんと私。本日の集合場所です。

P1090148_r

 次は、名立谷浜S.A.(下り)。めらけんさんジョイント。彼は、早朝野球を終えて、我々を追いかけたそうです。サイプライズです。

P1090213_r

 次は、苗名滝苑(苗名滝傍の食事処)。たっくさん、ジョイント。これは予定通り。

P1090211_r

 次は、妙高S.A.(下り)。たっくさんとお別れ。これも予定通り。

 次に、名立谷浜S.A.(上り)。ゆうたさんとKめいさん。ゆうたさんは、予定通りでしたが、Kめいさんはサプライズ。

P1090227_r P1090226_r

 詳細は、以降にて紹介します。

06:50 自宅を出発
 今日の集合場所は、07:30AM。小矢部川S.A.(下り)。いつものどおり、R8で小矢部I.C.へ向かいました。
 きりやまさんと待合せです。チームRokubeで声がけしたのですが、我々2名しか参加出来ませんでした。

07:16 小矢部川S.A.(下り)
 既に、きりやまさんは、到着してました。チームRokubeは時間に厳しいのです。
 本日の行程など確認し、07:35に出発dashdashdash

08:22 越中境P.A.(下り)
 8時だというのに、既にかなり暑いです。軽く30℃は超えていますimpact
 一服smokingしながら、携帯メールをチェックすると、めらけんさんより、入電。07:49AMに”今から追いかけます”との事。
 彼のスピードだと、越中境P.A.(下り)入っている間に、我々を抜いて行ったのではと心配になり。めらけんさんなら、必ず覗くであろう、名立谷浜S.A.(下り)へ向かう旨をメールし、直ぐに名立谷浜S.A.(下り)に2人で向かいましたdashdashdash

09:02 名立谷浜S.A.(下り)
P1090154_r   名立谷浜S.A.(下り)に到着し、一服smokingが終る頃。ついに、めらけんさん登場です。
 これで、3人になりました。
 めらけんさんは、早朝野球が終った後、我慢できなくなり、家族もかえりみず、我々の後を追ってきたそうです。先週、珠洲でのトライアスロンを完走したばかりなのに、なんとパワフルなことでしょうhappy02

 なんだかんだと、09:30AM頃燕温泉に向かって出発ですdashdashdash

10:07 燕温泉

P1090179_r  いよいよ、燕温泉に到着です。

 上信越自動車道 中郷I.C.で降り、R18をしばらく南下。関・燕方向に右折後15分程度で到着です。

 バイクを温泉下の駐車場に止め、温泉街まで徒歩。案内板に地図があったので、”川原の湯”を探すと、な、なんと、”故障のため使用できません”と付箋紙が貼ってあります。

 そこで、”川原の湯”を断念。代わりに”黄金の湯”にターゲットを変更。
 約10分程度、登山道を上り到着です。

 白濁したお湯と、かすかな硫黄臭。私の好きなお湯です。さっそく、ウェアを脱ぎ捨て、お湯に入りましたが、結構、熱い!!
 でも慣れれば、なんとかなります。気持ちよく入浴できました。
P1090161_r P1090163_r P1090165_r P1090166 P1090173_r P1090178_r

 ただ、ここは、川原の湯と違って、ちゃんと、男湯と女湯が分かれているのです。次回、川原の湯、リベンジを誓いましたhappy01

 今回のツーに際し、上越市のブロガーさんとミートする予定を組み込んでました。燕温泉に到着後、何度か連絡を試みたのですが、なかなかコンタクト出来ませんでした。
 お風呂から上がって、駐車場まで降りてきたとき、漸くコンタクトに成功。
 苗名滝近くの苗名瀧苑でおちあうことに。11:17AM、苗名瀧苑に向かって出発dashdashdash

11:40 苗名滝
 燕温泉からクネクネ道の赤倉温泉スキー場を下って、妙高杉の原スキー場方面へ向かいます。
 20分程度で苗名滝苑に到着です。
P1090182_r  たっくさんも、5分後くらいには到着。彼とは、昨年の10月以来の10ヶ月ぶりです。

相変わらず、イケ面で長身、そしてスレンダー。今日のメンバーでは、私ときりやまさんと同じブラバ乗りなのですが、彼が跨るブラバがひときわかっこよく見えます。

P1090184_r  流しそうーめんは、結構人気らしく、30分近く待たされました。

竹に模したステンレス樋に流れるそーめんを救い上げる方式と、丸テーブル内をそーめんがグルグル回し救い上げる方式の2方式を選べます。

 我々は、前者をチョイス。
 四方山話、撮影などで時間を潰し、およいよ、流しそーめん席(竹)に着席出来ました。
 鱒のから揚げ、山菜の天ぷら、笹寿司などと一緒に頂いたのですが、どれもこれも美味です。それと、イケメンたっくさんは働き者ですwink

P1090185_r P1090195_r P1090188_r P1090189_r P1090190_r P1090191_r P1090192_r P1090194_r
 
 食事を終えた後、みんなで、苗名滝を見に行きました。たっくさんも未だ見た事がないそうです。
 約15分ほど、階段を登ったり、吊橋を渡ったり、山道を登ったりして到着。
 やっぱり滝って良いもんですね。マイナスイオンに満ち溢れています。

P1090196_r P1090199_r P1090203_r P1090205_r P1090206_r

 滝を見た後、ソフトクリームで体を冷やし、14:10頃、たっくさんに先導をお願いし、妙高高原I.C.に向かいました。

14:28 妙高S.A.(下り)
P1090209_r 上信越自動車道をしばらく北上。

 妙高S.A.(下り)で撮影大会です。

 ここで、一大事が発覚。

P1090215_r  私のブラバのH.I.D.を自慢しようと、イグニッションON・・・・!・・・・、・・・・。つ、つかない、点灯しない・・・shock
 どうやら、H.I.D.が点灯しません。換装&点灯から未だ2ヶ月・・・。もう、壊れたのか・・・weep。直ぐに、直せるわけはないので、今日は、暗くなる前に帰る事にし、後日、原因究明&修理することにしましたcrying

 名立谷浜S.A.(上り)でのゆうたさん迎撃の時間が近づいてきたので、14:45出発。
 上信越道 新井P.A.でたっくさんとお別れし、名立谷浜S.A.(上り)に向かいますdashdashdash

15:10 名立谷浜S.A.(上り)
P1090221_r  約10分遅れで到着。
 居ました・・・。でも・・・、何故か2人居ます。ゆうたさんの隣りには、か、Kめい隊員が居るではありませんかsign03
 どうやら、彼も、家の用事を午前中に終らせ、上越I.C.で下り上りをチェンジ。名立谷浜S.A.(上り)に14;30に到着していたとの事。ゆうたさんは、もっと早く14:00過ぎに到着。1時間以上も我々の到着を待っていたようです。

12830872363awmzdzk

 ゆうたさんの東北ツーの成果を聞き、次回ツーの計画など検討しながら、約1時間歓談。

 16:20頃、帰路につきました。

   gasstation給油(出光リテール販売㈱ 名立谷浜SA上り)gasstation
   16.48l \2,208(\134/l) 16.9km/l

18:30 自宅に到着
 途中、小矢部川S.A.(上り)で一休みし、18:30に自宅に到着。

 今回の主要テーマの一つ、ゆうたさんの凱旋ツーは、かなり評判が良かったようです。
 私の前回のみちのく一人旅でも感じたのですが、一人だとちょっぴり淋しいのです。チームツー、マスツーの経験を重ねるうちに、一人が寂しく感じるようになってきたようです。

 みなさん、又、何処かへ一緒に走ってきましょうねhappy01

 それから、たっくさん、どうもありがとうございました。お忙しい中、変てこなバイク○カどもにお付き合い頂き、ほんとにありがとうございましたsweat01。コレに懲りず、北陸方面へいらした折には、絶対に連絡願います。チームRokubeとして、歓迎いたしますhappy01

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2010/08/21 SEROWソロツーリング to 酷道471/472

走行前:23,163Km
走行後:23,450Km[287Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

P1090100_r

 "2010/08/01 SBBチームツーリング to 大白川温泉"以降、20日間もバイクに乗れてませんweep
 てな訳で、昨日(8/20)チームRokubeメンバーに酷道471/472へのアタックを誘ったのですが・・・、反応は鈍く、結局、SEROWソロツーリングでのスタートとあいなりました。
 しかし、今日は、2つの出逢いが有り、ソロ→語らい→デュオといろいろ楽しめましたsmile
 それにしても、この暑さimpactだけはどうにもなりません。9:00AMをまわると1,000mを越える高所ですら暑くてsweat01ボーとなってましたcatface

05:30 自宅を出発
 チームRokubeメンバーへのお誘いへの参加表明は無いものの、一応、6:00AM サークルK小矢部インター店集合に間に合うように自宅を出発dashdashdash
 この時間だと、かなり涼しくなってきました。寒いくらいですhappy02

05:50 サークルK小矢部インター店
P1090076_r   何も食べて無かったので、サンドイッチと缶コーヒーを購入。

 コンビニの駐車場で朝食restaurantです。

 集合時間の6:00AMになっても誰も現われないので、ソロにて出発dashdashdash

06:35 細尾峠
 サークルK小矢部インター店を出てからは、いつものとおりR304を通って五箇山トンネル方面へ登ります。
 ここで、いつもなら、五箇山トンネルに突入するのですが、今日はSEROWですhappy01

 トンネルには入らず、前から気にかかっていた、細尾峠方面へ右折します。

P1090080_r  殆ど車が通らない道なのでしょう。左右からの草が道を覆い、車だと軽四しか通れない感じの道です。

 頂上付近にトンネルが有り、右折するとダートだったのですが、今回は酷道471/472がターゲットなので、細尾トンネル方向へ向かいましたdashdashdash

P1090081_r_2  どんどん下っていくと・・・、

たいらスキー場に到着。

 撮影後、R304に復帰です。

07:06 道の駅 上平「ささら館」
 いつものように、道の駅 上平「ささら館」で休憩です。
 おしっこしてtoilet、タバコを2本smoking
 そろそろ、出発しようかなと準備をしていると、真赤なDUCATI 749Rが入場。ライダーは、黄色系のウェアとヘルメット・・・。

P1090084_r  ・・・どこかで見たような・・・。

 ヘルメットを外して・・・、

 登場したその方は・・・、

 な、なんと、Nかむらさんではないですかsign03

 そこから、DUCATIのお話、バイクの達人のお話などを伺いました。
 Nかむらさんの家からだと、「ささら館」まで約100Km。ここまで、50分程度で到着したそうです。DUCATIのタイヤを見ると、購入後1,200Km程度走ったそうですが、ほぼ限界です。
 さすがです。私の場合、家から約60Km。コンビニ休憩、細尾峠があるにしても90分程度かかっています。
P1090087_r  結局、「ささら館」で1時間休憩smokingtoiletしました。

 Nかむらさんは、自宅へ直帰dashdashdash

 私は、天生峠に向かって出発ですdashdashdash

 天生峠に登る手前で、給油です。

   gasstation給油(南商店 鳩谷SS)gasstation
    4.88l \  678(\139/l) 26.9km/l

08:46 天生峠
 本年初の天生峠。SBBで走ると気を使いますが、SEROWだと楽しく走れますup

 滝は天生中滝というそうです。

P1090091_r P1090093_r P1090095_r P1090098_r

 R360で、河合町方向へ下りますdashdashdash

09:21 R471/472

P1090100_r_2  上村というところで、R360を左折。R471/472に入って北上します。

 まさに酷道impact

 きりやまさんが、赤ブラバで引き返したのも良くわかります。

P1090101_r P1090102_r

 でも、今日の私はSEROWなので、結構楽しいhappy01
P1090103_r  どんどん北上し、楢峠で利賀村方面へ向かうつもりだったのですが・・・、出ました”通行止め”sweat02

 仕方がないので、そのまま北上していると、前から、青いオフ車が走ってきます。私以外にも、この暑い日に、物好きな人が居るものだと思って、手を挙げてご挨拶・・・delicious

 なんか反応が変 sign02 sign02 sign02

 あれっ・・・ sign02 sign02 sign02

 Kめい隊員だ sign03 sign03 sign03

P1090104_r  今朝早くに私のお誘いメールに気付いた彼は、集合時間に間に合わないため、不参加を表明したものの、私と逆周りに走れば、ミート出来るはず と考え、利賀村からR471/472を南下してきたのでしたcoldsweats01

 ス、凄すぎる作戦です。私が、楢峠で利賀村に向かっていれば、成就しなかった作戦ですcoldsweats01

P1090106_r
 しばらく談笑後、道の駅 上平「ささら館」にミートポイントを設定し、夫々が今進んでいる方向を継続することにしました。

 

11:06 道の駅 上平「ささら館」(2回目)
P1090108_r  Kめい隊員と別れた後、北上し、利賀村を経由し五箇山に向かいました。
 私のほうが時間がかかるかなぁと思ったので、結構急いで走りました。

 ささら館に到着して、Kめい隊員のWRを探しましたが、どうやら未だ到着してないようです。

 さっそく、一服smoking始めたのですが、その一服が終る前に、Kめい隊員到着です。

うまい具合にミート出来ました。

P1090110_r
 お腹が減ってきたので、ここで、ランチrestaurant

 山かけそば(\800)を頂きました。

 ごく普通のお味でした。

 12:00頃、ブナオ峠に向かって出発ですdashdashdash

12:19 ブナオ峠
 
P1090112_r  西赤尾の福光上平線へのゲートは、いつも閉じているのですが、今朝通りかかった時ゲートが開いていたので、千載一遇のチャンスと思って、突入です。

 うまくいけば、刀利ダムに出られる筈です。

 全面舗装路ですが、水が流れていたり、落石が転がっていたり、やっぱりSEROW向きの道でした。

P1090113_r  入り口の”通行止め”表示は気になりましたが、

 どんどん登っていって・・・、

 やっぱり・・・、

  通行止めsweat01

でした。

 直ぐに、引き返し、帰宅の途につきましたdashdashdash

14:00 自宅に到着

P1090116_r サークルK小矢部インター店で、解散し、自宅へ向かいました。
 今日は、15:00から用事があったので、ちょうどの時間に帰ってくる事が出来ました。

 スタートは、一人ぼっちでしたが、NかむらさんやKめい隊員とミート出来たので、結構、面白く走れました。
 ただ、 暑 い sweat01。早く秋にならないかなぁ。bearing

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2010/08/09 アクセス数が100,000件を突破いたしました。

  弊ブログのアクセス数が100,000件を突破いたしましたhappy01
 訪問いただきました皆様、誠にありがとうございましたsmile

ブログ開始日:2007年11月18日 (日)
経過日数:995日
累計アクセス数:100,012
1日当たりの平均アクセス数: 100.41

 更新は週に1回ぐらい、しかも、バイクでのツーリング記録主体なので、ノウハウとかうんちくとかほとんどなくて、ホント、すみませんcoldsweats01

「今後はより一層内容の充実に努める次第でございます」、な~んてことは言えませんが、これからも相手にしてやってくださいネwink

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2010/08/01 SBBチームツーリング to 大白川温泉

走行前:40,988Km
走行後:41,321Km[333Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

1280661438yscrduvk

 久々にチームRokubeでツーリングですhappy01
 曇りcloud時々雨rainの天候で、この季節にしては、あまり暑くなく、気持ちの良いツーリングでした。
 行先は、大白川温泉spa。霊峰白山への岐阜県側からの登山道(平瀬道)入口近くにある露天風呂です。
 一風呂浸かった後は、石渡白を通って白山一周。最後に、手取峡谷の綿ケ滝(わたがたき)に立寄りました。いつも近くは通りかかっているのですが、実際に見たのは初めてです。マイナスイオンを存分に浴びて参りました。

06:30 自宅を出発
 集合場所は、サークルK小矢部インター店。
 曇っていたので、いつものようにR8から向かいますdashdashdash

06:50 サークルK小矢部インター店
P1080993_r  Kめい隊員と、ゆうた隊員が既に到着していました。

 きりやま隊員も07:00前に到着。

暫く、東北ツーの話題で盛り上がり、7:15AM頃道の駅上平「ささら館」に向かって出発dashdashdash

07:51 道の駅上平「ささら館」
P1080994_r  サークルKから見た南の空には、真っ黒の雲cloudでした。
 予想通り、五箇山トンネルを向けると、雨rain。なんとかレインウェアを着なくても我慢できそうなレベルでした。
 この雨のクーリング効果で、少し肌寒ささえ感じました。
 道の駅上平「ささら館」でトイレ休憩toilet&一服smoking
 携帯で、雨の様子を調べると、この辺りだけ雨が降ってるようなので、レインウェアを着ないで南下開始dashdashdash

09:15 白水(しらみず)の滝
1280661365v4ueiyky  R156を南下し、道の駅「飛騨白山」を過ぎてしばらくすると右折です。
 右折してから、約25分程度で”白水の滝”に到着です。細い舗装路ですが、部分的に水が流れていたり、路面の痛みが酷いところもあり、そんなにスピードは出せません。標高1,240mで、大白川ダムによって出来た人口湖、白水湖から流れで出る落差72mの大滝です。
 駐車場から5分程度で展望台に到着。ここでお決まりのGIFアニメ用写真撮影。

P1080996_r P1080998_r P1090013_r P1090014_r

09:43 大白川温泉
 白水の滝の駐車場から2~分で、大白川温泉spaに到着です。
 ロッジで、\300支払って入浴します。
 少しだけ硫黄の香りが漂います。残念ながら、混浴では無く、男女別のお風呂となっております。尚、お湯の中には、少しだけ湯の花が浮かんでおり、チョットぬるめの良いお湯でした。

P1090039_r P1090022_r P1090025_r1 P1090031_r P1090033_r P1090035_r P1090036_r P1090037_r P1090041_r

  一風呂浴びた後は、思い思いに水分補給し、まったり。
  11:00チョイ前に出発ですdashdashdash

12:13 阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)
 お昼に流しそーめんを食べようと、某ブロガーの記事で読んだ阿弥陀ヶ滝へ行ったのですが、大人気のようで駐車場には車の行列crying
 あっさり断念し、道の駅九頭竜へ向かいましたdashdashdash

13:14 道の駅 九頭竜
P1090045_r  阿弥陀ヶ滝をパスした後、石渡白を通って道の駅 九頭竜に到着です。どうやら、今日は山岳林道ばかり走っています。

 ここで、遅めの昼食。

私は、とろろそばと冷たいクレープを頂きましたdelicious

P1090047_r P1090048_r

 14:10頃、出発dashdashdash

      gasstation給油(㈱マルエイ 九頭竜給油所)gasstation
      12.42l \1,738(\140/l) 15.7km/l

16:06 道の駅 白山瀬女
P1090050_r  道の駅 九頭竜を出て、六呂師高原→谷峠を通り、道の駅 白山瀬女に到着。

 ここからは、きりやまさんに先導をお願いしたので、高速ツーリングです。先日、魔の講習会を受けてきたばかりというのに、懲りてないようです。

P1090051_r ここで、

赤ブラバと黒ブラバを並べて、

ヘッドライトの新旧比較をしてみました。

やっぱ、H.ID.・・・カッコイイsign03

 ここで、ゆうたさんから、綿ケ滝へ行きましょうとの提案。さっそく、出発ですdashdashdash

16:32 綿ケ滝
  この近くは、いつも通っているのですが、実物を見るのは初めてです。
  こ、こ、これは・・・、凄い!!
  まだ見てない人は、是非見てきてください。

P1090054_r P1090059_r

  17:04、綿ケ滝を出発。途中で、ゆうたさんは自宅方面へ。他3名は、金沢方面に向かいますdashdashdash

18:06 自宅へ到着

      gasstation給油(JA石川かほく 津幡SS)gasstation
       7.57l \  924(\122/l) 18.2km/l

 時々降る雨が身体を冷やしてくれるので、とっても気持ちの良いツーリングでした。
 良い温泉に浸かり、滝のマイナスイオンを浴び、かなりリフレッシュ出来ました。

 さて、今度は、何処へいこうかなぁhappy01

 今回のツーリングでは、隊員にトランシーバの購入を推奨しましたconfident。シングルバンドなら、430MHz帯。デュアルバンドなら144/430MHz帯ですhappy01。お忘れなきようsign03

↓付録 因みに7/31きゃぷてんまでちょいと走ったので記録しておきます。
走行前:40,936Km
走行後:40,988Km[52Km]

      給油(加賀谷商事㈱ オイルプラザD1)
       6.77l \  826(\122/l) 14.5km/l

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村 パーツ