フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2012/10/28 MD22 イ・ラ・ッ・シ・ャ・イ | トップページ | 2012/11/10 MD22 チームツーリング to 子撫川・五位ダム周辺 »

2012/11/03~04 VFRチームツーリング to 天空の里(あまのさと)

走行前:19,559Km
走行後:20,248Km[689Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Imgp0992_r

 チームRokube恒例、秋の一泊ツーリングに出かけてきました。今回は、私がツーリングリーダを勤めさせていただきました。

 行き先は、長野県飯田市にある天空の里。
 天空の里(下栗の里)は山の急斜面にへばりつくように家と農地がある。反対の尾根から見るとまるで日本のチロルとも言われているところです。

 今回は私を含めたチームメンバー5名と、天空の里の事を私に教えてくれた、Yまざきさんをゲストとして加えた、総勢6名でのツーリングでした。

[一日目(11/3):自宅→鹿塩温泉]
走行前:19,559Km
走行後:19,918Km[359Km]

06:10 自宅を出発
06:35 北陸自動車道 小矢部川S.A.(下り)
 集合時間が7:00AMだったので、さすがに誰も来てません。
 しばらくすると、KAZUチンさん、めらけんさん、きりやまさん、Yまざきさんの順に登場です。

Imgp0951_r Imgp0952_r Imgp0953_r Imgp0954_r_2

Imgp0955_r  も一つ写真があるのですが、でむでむさんです。

 彼は、残念ながら仕事の為、参加出来ず。

 お見送りにだけ来て頂きました。ありがとうございました。

 今回、初の試みとして、参加者全員がトランシーバを持ちました。まだ持ってない人も居るのですが、一度経験させてみようということで、2台持ってる人が貸与しました。

 ただ、ライディングしながら、PTTスイッチを押せるのが2名だったので、しゃべるのは2名という体制です。この2名が先導としんがりを勤めるという体制で運用しました。
 このトランシーバの準備に戸惑いながらも、07:15くらいに、高山方面に向かって出発ですdashdashdash

09:02 せせらぎ街道
Imgp0957_r  ななもり清見で一服した後、せせらぎ街道に突入です。

 ここの紅葉は、ほんと素晴らしかったです。

 デジイチを持ってって、撮影に没頭したくなる美しさです。

 ただ、今回は、まだまだ先があるので、パスカル清見で一服するに留めました。

10:51 道の駅 賤母(しずも)

Imgp0961_r 本当は、妻籠宿まで行くつもりだったのですが、あるメンバーがおしっこをしたいと、しんがりメンバーに伝え、それを先導の私に知らせてきたので、急遽、道の駅 賤母(しずも)でトイレ休憩です。

 無線が役にたったということです。

 少し、小腹がすいたので、私は、野沢菜おやきを頂きました。

 結構、いけました。

11:20 妻籠宿
 \200/台を支払い駐車場にバイクを停めました。
 皆、初めてということで、中を少し散策しました。
 先ず最初に、”えのき坂”というお蕎麦やさんで昼食を頂きました。私は、ざるそば(2皿)(\1,000)です。普通でした。

Imgp0965_r Imgp0966_r Imgp0967_r

 お蕎麦を頂いたあと、いよいよ宿内の散策です。
 まぁ、こんなもんでしょう。

Imgp0964_r Imgp0969_r

 12:00くらいにここを出発しましたdashdashdash
 南木曽町吾妻あたりで、給油です。

   gasstation給油(㈲アララギ青木商会 アララギSS)gasstation
   10.33l \1,745(\169.0/l) 23.5km/l(242.8Km/10.33l)

      ※ここで、うれしい出来事がhappy01
    このG.S.のすぐ向かいで、何かのイベントが行われていました。そのイベントで使える五平餅引換券を頂きました。全員がガソリンを入れた後、全員でイベント会場に移動し、全員で五平餅を頂きました。

Imgp0974_r Imgp0977_r

14:11 道の駅 遠山郷
 南木曽でガソリン給油後、バイクナビの指示に従い、道の駅 遠山郷を目指したのですが、かなりややこしい道を案内され、結構草臥れました。
 ただ、ここまでくれば、天空の里まであと少しです。
 少し休憩して、14:36に天空の里へ出発ですdashdashdash

15:06 天空の里
 道の駅 遠山郷を出てから、細い舗装林道に入り、下栗を目指しました。かなり厳しい道でした。ただ、下栗地区の下の方へ出て、ここから駐車場のある”ばんば亭”へ上るまでが、もっとも厳しい道でした。私はオートマなので結構へっちゃらなのですが、他の皆さんは、相当苦労されたようです。

Imgp0983_r  駐車場にバイクを停めてから、20分くらい歩いて、天空の里ビューポイントへ到着です。

 かなり細い歩道が雑木林に作られており、往く人と戻る人の2列が犇めき合っていました。

 安全の為のフェンスあるのですが、落ちたら、おそらく命を落とす事になるでしょう。

 ビューポイントで撮影した写真がコレです。秋景色に浮かぶ天空の里、とっても綺麗でした。大変な思いをして歩いた甲斐がありました。

Imgp1000_r Imgp0992_r_2 Imgp0997m_r_2


Imgp0990_r
 16:00くらいにここを出発ですdashdashdash

16:34 しらびそ高原
 天空の里からしらそび高原へ向かったのですが、これがまた厳しいワインディング。ほんとうは時間も迫っていたので、ノンストップで宿へ向かおうと思ったのですが、あまりにも疲れたのと、あまりにも景色が綺麗なので、ハイランドしらびそ で休憩してしまいました。

Imgp1002_r Imgp1003_r Imgp1004_r Imgp1007_r

 ここを、16:55くらいに出発ですdashdashdash

17:39 鹿塩温泉・塩湯荘
 ハイランドしらびそ からお宿までの距離が27Km。30分までかからないだろうと思っていたのですが。登ってきた道よりのさらに酷いワインディング、加えて、しばしば現れる短いダート。おまけに、日は沈み、あたりは真っ暗。へっとへとになって、漸く、鹿塩温泉・塩湯荘に到着です。
 お宿直行で、今ツーリングに参加した、ゆうたくん。お風呂につかり、ゆうゆうとお部屋で寛がれていました。

 我々は、すぐにしょっぱい温泉につかり、冷えた身体をあたためます。良いお湯でした。
 その後は、お食事、宴会です。病み上がりの私は、体調不調とアルコールに敗れ、不覚にも1次会後、眠ってしまいました。

Imgp1010_r Imgp1011_r Imgp1012_r

[二日目(11/4):鹿塩温泉→自宅]
走行前:19,918Km
走行後:20,248Km[330Km]

07:00 朝食
Imgp1021_r_2   いつものように、06:30から朝風呂を頂き、07:00から朝食です。

 朝食後、出発準備をし、08:15位に出発です。

 とっても、寒い朝です。放射冷却の影響か、バイクのシートにも霜がおりてました。

Imgp1015_r Imgp1016_r Imgp1020_r Imgp1022_r Imgp1024m2560_r

08:32 分杭峠
 宿を出てから、バイクのAir温表示は0℃。どうやら0℃以下の表示は出来ないので、日陰は零下だったかもしれません。

Imgp1025_r  分杭峠に到着寸前。路上に水溜りのようなものを発見。

 怪しいと思ったので、私は惰性で通過。その後、無線で”水溜りのようなものがあるので注意して”と後続に注意を促したのですが、時既に遅し。その水溜りは凍っており、1台が滑って転倒。幸運にも、ライダーへの損害は無く、バイクに軽い損傷だけ。

 気を取り直し、分杭峠で撮影です。

Imgp1026_r Imgp1028_r Imgp1027_r

 ここから、茅野市経由白樺湖を目指します。
 伊那市で給油。
   gasstation給油(㈲チヨダ)gasstation
   13.83l \2,240(\162.0/l) 11.8km/l(163.6Km/13.83l)
      ※この燃費は少しおかしいようだ。
    前回の給油で、目一杯入ってなかったのでしょう。

10:38 ビーナスライン・富士見台
 天気は最高。空気も澄んでいて、富士見台から、綺麗に富士山が見えました。
 こんなに、綺麗に見えたのは記憶にありません。

Imgp1034_r

Imgp1037_r  霧の駅でランチ。私は、カツカレーを頂きました。

 昼食後は、アザレアラインを通って松本市へ降ります。
 そこから、R158で平湯。そこから、神岡、富山I.C.で北陸自動車道に乗って、自宅へと向かいました。

17:24 自宅へ到着
 結構、ガソリンが危なかったのですが、なんとかエコ走法を心がけ、小矢部市まで持たせました。

   gasstation給油(㈲長谷川石油 クロスハートおやべ)gasstation
   15.20l \2,447(\161.0/l) 18.2km/l(276.5Km/15.20l)

 チームRokubeのツーリングとしては、珍しく、雨に一滴もあたりませんでした。
 ひょっとしたら、今回ゲスト参加のYまざきさんのおかげかもしれません。お付き合い頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 バ

イクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2012/10/28 MD22 イ・ラ・ッ・シ・ャ・イ | トップページ | 2012/11/10 MD22 チームツーリング to 子撫川・五位ダム周辺 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

>ゆうた さん
 1日目、残念でしたね(^_^;)
 ゆうたさんに代わって、我々が楽しまさせて頂きました(^o^)
 来春のツー、楽しみにしています(^_^)v

すいませんねぇー。2日目からの参加で、部屋でぬくぬくしていました。
1日目いろいろなところ回ってきたんですね。話を聞いていて、行かなくて正解だとほくそ笑んでいましたが、妻籠宿行ってきたんですね。慰安旅行でバスで行ったっきりです。バイクでは中に入ったことがないなぁー。島崎藤村は馬籠でしたっけ?観光もしっかりと。やっぱりソロツーよりはマスツーかな。
福島考えておこうっと。うちのメンバーは走り重視だからなぁー。

>きりやま さん
 お疲れさまでした(^-^)
 私も、距離の割には草臥れました。
 左右両方の脛の外側の筋肉が痛いです。こんな事は初めてです(・_・;)

>KAZUチンさん
 お疲れさまでした(^-^)
 初めての所ばかりとの事。企画者としても嬉しいです(^o^)
 尚、本ブログでは、“その日のことは、その日のうちに”をポリシーとしています(^_^)v

お疲れ様でした^^
お天気に恵まれ、最高のツーリングでしたね!
距離の割には可也疲れて、昨日はすぐに寝てしまいました。

ツーリングリーダー、お疲れ様でした。また、有難うございました。

なんてったって、私にとってはどこもかしこも、すべてが初体験の場所でありまして、今回思ったのは、「長野県って、凄くいい所!(景色的に)」ってことです。
またまた、女房を連れて行く場所がリストアップされました。
来年行けるかどうか。。

それにしても、いつものことですがブログのアップが早いのに感心いたします(^_^)

>でむでむ さん
 お見送り頂きありがとうございました。
 お陰様で、天気にも恵まれ、Yまざきさんの仰る通り、絶景三昧のツーでした(^-^)
 週末の天気は今のところはあまり良い予報では有りませんが、何とか晴れて欲しいものです(^_-)

こんにちは(^O^)でむでむです。
出発の忙しい時にお邪魔しました。
ホント朝夕の冷え込みは大変だったでしょう(^_^;)
でも、天候にはすこぶる恵まれましたね!!
日曜は関の方へ行ってたンですがバイクの多いこと、もちろん指をくわえて眺めてるだけでした(^-^;
お疲れ様でした、次回で宜しくです。
Yまざきさん、“景色の感動から来た震え”なんてホントオシャレですねぇ~(*^_^*)

>めらけん さん
 トイレ近い人は、必携です。
 今日、会社のバイク乗りに聞いたら、430MHz帯使ってるようです(^o^)。

>Yまざきさん
 “実は景色の感動からの震え・・・”って、巧いこと言いますね(^o^)
 次の林道ツー、宜しくお願いします(^_^)v

ツーリングリーダーお疲れ様でした。
本当に気温以外は最高のツーリングでした。
無線機も初体験させて頂き、便利さがわかりましたので前向きに購入を検討したいと思っています。でも帰ってからネットを見ても踏ん切りがつきません^^;
来年に向けてじっくり考えてみようと思います。トイレ近いし・・・

こんばんは
Yまざきです。

前回のひるがの林道といい今回の天空の里ツーといい案内して頂き
チームろくべの皆さん有難うございました。
私は寒くて震えながら走っていましたが、天気も良く紅葉も最高に綺麗で、実は景色の感動からの震えだったかもしれませんねヽ(´▽`)/
転倒シーンは有りましたが怪我も無く全員無事に帰って来た事が本当に良かったです
また誘って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/497778/47719353

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/11/03~04 VFRチームツーリング to 天空の里(あまのさと):

« 2012/10/28 MD22 イ・ラ・ッ・シ・ャ・イ | トップページ | 2012/11/10 MD22 チームツーリング to 子撫川・五位ダム周辺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村 パーツ