フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/30 MD22 チームツーリング to 奥琵琶湖界隈

走行前:40,527Km
走行後:40,663Km[136Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Imgp6814_r

 かぢチャンから、滋賀県北部林道へのお誘いがあったので、行って来ました。
 彼女からのお誘いですが、そのバックには昨年5月、剣山スーパー林道でもお世話になった、ららさんが付いているので、安心です。
 ららさん先導で初奥琵琶湖界隈です。
05:58 自宅を出発
 昨晩から、MD22は車載してあったので、4:20AM起きで簡単な朝食を済ませ、6:00AMごろ出発しました。
08:25 道の駅 マキノ追坂峠(おっさかとうげ)
 北陸自動車道を南下し、途中南条S.A.(上り)でトイレ休憩。敦賀I.C.で降りたてから下道でマキノに向かいました。ほぼ8:00AMくらいに集合場所の道の駅 マキノ追坂峠に到着です。集合時間にはまだ一時間ほどあったので、本年初のメタセコ並木を見に行きました。

Dsc_0155_r Dsc_0154_r

 相変わらず良い所です。一服しながら、写真を撮り、再度、道の駅 マキノ追坂峠に向かいました。8:25AMに到着です。

Imgp6801_r

 未だ誰も来て無いようです。トイレを済ませ出てくると、見た事の有る黄色の荷物を満載したF650GSが目に留まりました・・・。・・・しょうへいです。
 なんでも、2りんかんのイベントが琵琶湖バレーであるので、それに参加する為にやってきたとの事。
 相変わらずアクティブな若者です。
 なんだかんだと話してる間に、Mらなかさん、ららさん、Yまざきさん、Oさかさん、かぢチャンが登場です。
林道走行メンバーが揃いました。

Work124

 約1年ぶりのららさんにご挨拶。本日のルートなどをららさんに説明して頂いて、いよいよ、9:28AMに出発です。
10:18 池原小谷線~太田谷線
 R303を西進し余呉湖方面へ向かいます。
 R8との交差点を少しだけ北上し、右折。いよいよ池原小谷線に突入です。フラットな林道でとても走りやすかったです。かぢチャンも相当気に入っている様子。

Imgp6813_r_2

 次に太田谷線をつないで、R365に出てきました。
 最終地点には、トタンの波板で作られた簡単なバリケードがあったのですが、そこはおまじないです。
 ここも、池原小谷線と同様、とても走りやすかったです。
 ただ、この林道名ですが少し怪しいかもしれません。走った道は本記事全編を通じて、”今回のルート図”をご覧ください。
11:16 摺墨小谷線+α
 R365を横切って、摺墨小谷線に向かいます。
 このあたりまでは、私を除いた皆さんは一昨年、走っているようです。その時に、どうやら宿題として残してあった道にチャレンジするようです。
 摺墨小谷線を途中で左折北上し、新谷山の方に向かいます。厭な予感がしたのですが、適度なガレ具合でまずまず楽しかったです。

Imgp6815_r

 新谷山を越えてから、次は尾根沿いに七頭ヶ岳に向かいます。途中から、細い道でヘアピンコーナ多数、そして最後のほうは藪漕ぎに近い状態です。・・・とある分岐点、いよいよ行き止りです(TOPの画像)。Yまざきさんは、いつもの調子で、両方探索してみて悔しそうです。戻ることが決まり、私は内心ほっとしました・・・が、戻るは戻るで大変でした。
 家に戻ってから+αの部分を地図で確認しましたが出てません。どうやら作業道のようです。
 ここからは、来た道を戻り、トランポベースに戻ります。
12:47 道の駅 マキノ追坂峠

Imgp6818_r

 ここで昼食です。
 私は、そば定食(\950)を頂きました。まあ、ごく普通の味でした。
 昼食後、充分に休憩をとりました。
 午後の部は、箱館山のほうへ向かおうと出発しようとした時です。OさかさんのTTR-raidの調子がイマイチ。午前中も調子悪かったのですが、なんとかだましだまし走ってたんですが、いよいよいけません。アクセルを開けるとエンジンストールします。
 ここで、Oさん、泣く泣く午後の部出走断念。メタセコとか海津見物しながら我々を待っていることになりました。
 てなわけで、結局午後の部の出発は14:00。
14:54 粟柄河内谷(あわがらこうちだに)林道
 今度は道の駅からR161を今津方向へ南下し、箱館山スキー場方面に向かいました。
 林道入り口で、ららさん離脱です。夕方から宴会があるとの事で泣く泣くここで京都へ戻って行かれました。今日は、本当にありがとうございました。
 そこから、先導Yまざき、Mらなか、私、かぢチャンの順で林道突入です。この林道は、フラット有り、チョイガレ有りの楽しい林道でした。

Imgp6822_r

 終点ゲート(どうやらここは高島市と福井県美浜町との県境になるらしい)では、Yまざきさんが右側に見える林道を見つめ、行きたそうです。
 
1432990323313
・・・が、成長の証か、意外と素直に戻ることに同意。
 少し来た道を戻り、途中琵琶湖が綺麗に見えるスポットで記念撮影、あとはメタセコ並木を走ってトランポベースに到着。 戻るとかぢチャンと遭遇。彼女はここからUターンです。
 Oさかさんが待ってました。

Imgp6826_r

 トランポにバイクを積込み。アトラス(Oさか、Yまざき、かぢ)、軽トラ(Mらなか)、NV200(私)の三台で、メタセコ並木の近くにある、マキノ高原温泉 さらさに向かいました。
 キャンプ場が近くにあるせいか、結構賑わっていました。
 お湯は、すべすべ系ですが、先週川浦渓谷で板取川温泉を味わっている私にとっては、普通のお湯に感じてしまいます。風呂上がりにソフトクリームなど頂きゆっくりしましました。
 ここを、18:15頃出発です。
18:53 池田屋 ごんちゃん
 またまたやってまいりました。
 敦賀 池田屋 ごんちゃん。一月半で3回目の訪問となります。
 やっぱ、美味しいです。

Dsc_0156_r Dsc_0158_r Dsc_0157_r 1432990308207_r

 ごんちゃんお初のYまざきさんも気に入って頂けたようです。
 ここで解散し、19:30頃出発です。それぞれがそれぞれのスピードで高速を北上しました。
20:45 自宅に到着
 途中雨が落ちてきましたが、そんなに土砂降りにはならず無事帰宅できました。
 奥琵琶湖界隈 なかなかおもろいです。
 ららさん、今回もありがとうございました。9月の合宿には白山を堪能して下さいね。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/05/23 VFR チームツーリング to 川浦(かおれ)渓谷

走行前:43,040Km
走行後:43,436Km[396Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Dsc_0122_r

 今日はチームRokubeの日帰りツー企画です。
 珍しく、火曜日(5/19)にMLで案内したのですが、参加できたのは、KAZUチンさんとでむでむさん、そして私の3名です。
 行先は、川浦渓谷。岐阜県関市板取杉原という所にあります。郡上市の西に在り、30Kmほど山手に登った所にあります。あじさいや紅葉で有名らしいのですが、私にとって初めての訪問でした。
06:48 自宅を出発
07:14 北陸自動車道 小矢部川S.A.(下り)

Imgp6764_r

 07:30AM集合だったので、私が一番!!・・・と思いきや、KAZUチンさん、既に現着でした。
 流石に、お年寄りは、朝が強い。
 少しだけ、四方山話し、7:28AMに出発。
08:54 道の駅 古今伝授の里 やまと

Imgp6765_r

 9:00AM集合だったので、少しだけ早かったのですが、でむでむさん、既に現着。
 彼はそんなにお年寄りでも無いのに、朝に強い。
 ここで、三人で少しだけ四方山話し、9:13AMに出発。
09:56 川浦渓谷
 道の駅 古今伝授の里 やまと からは、r52のワイディングロードを走ろうと向かったのですが、”通行止め”の看板です。引き返して、R256-タラガ谷トンネルを抜けて川浦渓谷に到着です。
  板取川温泉のお食事処のパンフレットで判ったのですが、r52は復旧見込み無しだそうです。
 トンネルを抜けて直ぐ左手の駐車場にバイクを停めて、散策開始。
 新緑に包まれた渓谷、とても綺麗です。川浦谷川を流れる水もとても澄んでます。エメラルドグリーンです。

Work123

 写真を撮りまくって散策は終了。10:28AMに出発。
10:33 板取川温泉 バーデェハウス

Main

 いよいよ温泉です。
 川浦渓谷に程近いバーデェハウスという所ですが、山の中に似合わない大きな建屋が3棟あります。その中の一つが温泉です。
 左の写真がお風呂なんですが、Webサイトから拝借してきました。お風呂に撮影禁止で書いてあったので、撮影を自粛してました。
 入湯料\600を支払、さっそく突入です。
 土曜日のこの時間の割にはお客さんが続々と来てました。
 お湯は、テュルテュルになる”美人の湯”系です。ほのかに甘い香り、そして味も少し甘い。とっても良いお湯でした。
 このお湯を表現すると”体がごんちゃんのラーメンの麺のようにチュルチュルになるよ”と呟いてしまいました。それを聞きつけたのがでむでむさん。”うまい”とか言うのかと思ったら、あまり良い顔ではありません。そう言えば、彼は未だ行った事が無かったのでした。私の素晴らしい形容は、彼にとって嫌味になってしまったのでした。スマン・・・coldsweats02

Imgp6787_r

 温泉を浴びた後は、お食事です。やはりバーデェハウスの中で頂きました。
 私が注文したのは、とろろそば(\1,020)。予想外に美味でした。
 お店の方と少しお話ししたのですが、明日日曜日だと、満員になるので、14:00廻らないとなかなか食べられないと仰っておられました。
 皆様、ここは良いです。
 お湯も良し、蕎麦も美味しいし、是非、土曜日にお出かけください。

Imgp6791_r

 食事後、デザートに蓬桜餅(つぶ餡)(\140)を頂きました。

とても美味しそうに見えたのですが、蓬と桜が喧嘩してて、桜が勝ちすぎてました。
 12:31に出発。



14:07 クックラひるがの
 R256-R156で再度、道の駅 古今伝授の里 やまと方面へ向かいました。
 途中、郡上八幡で給油です。
   gasstation給油 シンワ菱油㈱ パウメトウ郡上八幡SSgasstation
   12.02L \1,899(\158.0/l) 18.7km/l(226.7Km/12.02L)
 道の駅 古今伝授の里 やまと を通過し、やまびこロードに入ります。ここでの、でむでむさん、速すぎです。直ぐに姿が見えなくなりました。
 一旦、クックラひるがのを通り過ぎるという失敗がありましたが、引き返して到着。
 ここでは、KAZUチンさんがけいちゃんを買ってました。けい(鶏)ちゃんとは、下呂市を中心とする南飛騨地方や郡上市を中心とする奥美濃地方の郷土料理なんです。しょうゆや味噌をベースにしたタレに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどといっしょに焼いて食べるシンプルな料理です。
 彼はけいちゃんが大層お気に入りのようで、保冷剤を入れた保冷袋を準備してました。2種を買ってました。
 これを見てて、私も買いたくなり、結局私も2種買いました。みそっこチキン(\105)と郡上けいちゃん(\340)です。あ、そうそう、あまりに暑いので、ソフトクリームも頂きました。

Dsc_0140_r Imgp6793_r

 家に帰って、キャベツ有る?と女房に聞くと”あるよ”。さっそく作って貰いました。今日は郡上けいちゃんを食したのですが、確かに結構美味しいです。珍しく家族全員が○評価です。

Imgp6796_r

 16:16に出発。
16:49 自宅に到着
 クックラひるがのから、ETCゲートを使って、東海北陸自動車道に入り、北上しました。北陸自動車道 小矢部川S.A.で最後の休憩。ここで、解散です。
 帰宅直前にいつものガソリンスタンドで給油。
   gasstation給油 JA石川かほく 津幡SSgasstation
    8.47L \1,296(\153.0/l) 19.9km/l(168.9Km/8.47L)

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/05/10 MD22 ソロツーリング to 縄ヶ池

走行前:40,426Km
走行後:40,527Km[101Km]

Img_0015_r

 南砺市にある縄ヶ池に行って来ました。
 林道ツーで近くは通ったことがあるのですが、池そのものは見た事が有りませんでした。
 2~3日前に、北陸電力から届いた”えるふぷらざ 2015春号”に、水芭蕉群生地として紹介されていました。
 これは行かねばなるまいと、MD22にトップケースを装着、EOSを携え出掛けたわけです。
 別にVFRでも良いのですが、片道50Kmなので、小回りの利くMD22を選びました。これは、大正解でした。
09:07 自宅を出発
10:20 南砺市・縄ヶ池

Img_0031_r_2

 R304から左折し、凡そ8Kmほど登った所にあります。

 途中には、どこにでもありがちな”夫婦滝”があります。
 
 まずまずのスケールです。

 右が男で、左が女だそうです。
 縄ヶ池近くに、広い駐車スペースがあり、パラグライダーのテイクオフポイントにもなっている、大変見晴らしの良い場所です。

Img_9978_r Img_0025_r Img_9979_r

 ここにバイクを停めて、徒歩で10分程度で縄ヶ池に到着です。
 縄ヶ池に到着するとカメラを構えたおじさんが独り居ました。
 少しだけお話したのですが、今年は場所によって開花がばらついており、今日くらいが一番の見頃との事。

Img_0002_r Img_0004_r Img_0011_r Img_0013_r Img_0016_r Img_0017_r

Img_9999r Img_0009_r_2

12:05 道の駅 なんと一福茶屋

Imgp6761_r

 お腹が空いたのでお弁当を買って食べました。
 ステーキ重(\550)です。
 この名前でこの値段sign02 と驚いたのですが、まずまずのお味でした。
12:49 倶利伽羅古戦場

Imgp6762_r

 小矢部から倶利伽羅古戦場を越えて津幡入りしました。
 ちょうど、古戦場近くでオフ車4台見かけました。
 なんか見た事のある顔です・・・。・・・オフロ~党の方々でした。
 15分程お話したでしょうか。あんまり林道ツーのお邪魔をしてもなんなので、お別れのご挨拶の後、自宅に向かいました。
13:18 自宅に到着
 あっ、何故MD22にして良かったか説明してませんね。
 実は、R304から左折時、バリケードブロックがありました。でもMD22なので、狭い隙間をス~リ抜けです。
 次に、戻りです。何を思ったのかバリケードが強化されており、隙間が無くなり、且つ、ワイヤーみたいなものを張ってあるではありませんか。これを通過するには、U字溝を渡り迂回する必要がありました。VFRだったら万事休すです。MD22なので、なんとかクリア。というわけです。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/05/05 MD22 デュオツーリング to 瀞川・氷ノ山線(ハチ高原)

走行前:40,356Km
走行後:40,426Km[70Km] (NV200 780.3Km)

shine今回のルート図はここをクリックして下さい(養父I.C.⇒道の駅 北ハチ)shine

shine今回のルート図はここをクリックして下さい(道の駅 北ハチ⇒ごんちゃん)shine

Imgp6740_r

 兵庫県にある、広域基幹林道 瀞川(とろかわ)・氷ノ山(ひょうのせん)線を走ってきました。
 参加車は、TLM200(KAZUチンさん)とMD22(私)の2台です。
 実はG.W.直前に二人の間に持ち上がった企画で、5/3の夜に決行と決まったツーです。
 素案を私が企画し、実行案&ツーリングリーダーをKAZUチンさんにお願いしました。
 当初の計画では、ばんしゅう戸倉スノーパークをトランポベースとし、瀞川・氷ノ山線(氷ノ山ルート)<緑>を南から入り、瀞川・氷ノ山線(鉢・瀞川ルート)<緑>を走って、瀞川・氷ノ山線をコンプリート。その後、妙見・蘇武線<赤>を南下。あとは一般道<青>を使って、トランポベースに戻るというもの。
  計画は計画、実際はどうなったか・・・、林道記のはじまりはじまり。
05:05 自宅を出発
 朝4:10AMに起床。軽くトーストとバナナ&牛乳で朝食です。
 MD22をNV200に積込み、KAZUチンさんの家に向かいました
05:13 KAZUチンさんの家
 KAZUチンさんのTLM200を積込み、5:35AMに出発です。
10:22 ばんしゅう戸倉スノーパーク

Imgp6715_r_2

 自宅から350Kmあります。途中2回の休憩しかしてません。かつ、心配していたG.W.渋滞には遭いませんでした。でも、5時間弱かかりましたcoldsweats02
 北近畿豊岡自動車道(無料区間)を和田山I.C.から和田山八鹿道路につないで養父I.C.で降ります。
 そこからは、下道(r6 r48 R29)を走って、ばんしゅう戸倉スノーパークに到着です。
 バイクを降ろし、林道走行の用意を済ませ、10:44AMに瀞川・氷ノ山線(氷ノ山ルート)に向けて出発です。
[瀞川・氷ノ山線(氷ノ山ルート)]
10:50 宍粟市波賀町戸倉のR29(やまめ茶屋)より突入。
 けっこうガレ目の林道です。突入直後、RV車が数台停まってました。倒木です。・・・が、我々であれば通れるほどすりぬけ空間がありました。なんなく通過。
 次に残雪。やっぱり有りました。でも、バイクから降りてバイクと共に進軍すればなんとかクリア出来ます。ヘットヘトになりますが・・・。

Imgp6719_r Imgp6721_r

12:07 我々では突破不能な残雪に遭遇。諦めて下山開始
 いくつもの残雪地帯を進軍してきましたが、コレはダメです。KAZUチンさん、退却の英断です。

Imgp6727_r_2 Imgp6728_r

12:37 R29に戻る。
 次はどこを走ろうかの作戦会議の後、トランポベースに12:43に戻りました。
 2台を再度積載し、道の駅 ハチ北に13:02に向けて出発。
14:27 道の駅 ハチ北

Imgp6732_r_2

 トランポ移動の途中、TLM200のタイダウンがしっくりこず2回の見直し。また、河津ループ橋ほどではないものの、ループ橋を通過し、道の駅 ハチ北に到着。

 ここで、遅めのランチを頂きました。私は、きつねうどん&山菜ごはんセット(\800)をオーダー。うどんは普通ですが、山菜ごはんのほうは私にはイマイチでした。
 食後、オフライダーさんが4名ほどいらしたので、我々の氷ノ山ルートでの残念な出来事を話し、氷ノ山ルート情報を得ました。こちらの方は、3日ほど前に走られてたようで、少し残雪があったけど、今日はもう大丈夫との事。
 15:08にトランポしたまま、兎和野高原野外教育センターへ向かいます。
15:16 兎和野高原野外教育センター傍
 兎和野高原野外教育センターの近くに手頃な駐車スペースがあったので、ここにNV200を駐車。さっそく、林道走行の準備をし、15:31に瀞川・氷ノ山線(鉢・瀞川ルート)に向けて出発です。
[瀞川・氷ノ山線(鉢・瀞川ルート)]
15:37 r89より瀞川・氷ノ山線(鉢・瀞川ルート)南側に向けて突入。
 これは、鉢・瀞川ルートの途中から入った事になります。
 細かい砂利が少し気になりますが、フラット林道です。楽しめました。

Imgp6739_r Imgp6735_r

15:49 1.2㎞の直線ライン(南下)
 こんなの見たことありません。

Imgp6738_r

16:11 ハチ高原スキー場へ到着。暫く休憩し、16:23に北上開始。

Imgp6746_r Imgp6745_r

16:39 1.2㎞の直線ライン(北上)
 こんなの見たことありません。

Imgp6749_r

16:58 村岡側出口に到着(鉢・瀞川ルート全線走破)
 r89以北は全線舗装路でした。

Imgp6750_r

 17:12にトランポベースに到着。
 かなり時間もおしていたので、早速帰り支度を済ませ、17:40に帰路に就きました。
20:35 敦賀市・池田屋ごんちゃん
 私は4/19以来、16日ぶりのごんちゃんです。
 KAZUチンさんが食べた事が無いとの事だったので、三方五湖P.A.でごんちゃんに電話を入れ営業確認をし、二人で行きました。
 今日は大盛り(\800)をオーダー、たっぷりのツゥルンツゥルン麺を堪能しました。

Dsc_0099_r Dsc_0100_r

 21:05、帰路に就きました。
23:08 自宅に到着
 KAZUチンさんちでTLM200を降ろし、自宅に戻ってきました。
 NV200で2台をトランポ。往復780Kmををひた走り、たった70Kmの林道走行。
 残雪というトラブルに見舞われましたが、G.W.時期だとしょうがないんでしょうcoldsweats02
 いつか、リベンジしますhappy01

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/05/01~02 VFR タンデムツーリング to 王ヶ頭ホテル

走行前:42,418Km
走行後:43,040Km[622Km]

Img_9959_r

 女房とのタンデムツーリングです。タンデム初の一泊ツーで、美ヶ原高原・王ヶ頭ホテルに行って来ました。
 一度は泊まってみたら良いよと聞いてました。昨年12/1、たまたま王ヶ頭ホテルのホームページに行き当たり、流石にG.W.はほぼ満席状態・・・の中で、2015/5/1の空きを見つけました。さすがに私の2015年の仕事のカレンダーは未定でしたが、二人で予約を入れました。予約した部屋は、4人までOKの部屋だったので、家族の予定が揃えば、家族全員で宿泊可能でした。
 日程が近づき、娘たちの出勤日が確定、結局女房と私2名の宿泊となりました。天気も良かったので、二人ならばとVFRでのタンデムツーリングとしました。
[一日目(5/1):自宅→美ヶ原高原・王ヶ頭ホテル]
走行前:42,418Km
走行後:42,734Km[316Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Img_9884_r

07:32 自宅を出発

Imgp6574_r

  昨年11月の九州ツー以来のフルパニアです。
11:32 諏訪大社 下社春宮
 正式にはには信濃國一之宮 諏訪大社、ここには未だ訪れた事がありません。なので、今回は、上社本宮、上社前宮、下社秋宮、下社春宮の四つ境内地を制覇するのが目的の一つです。
 自宅を出発してから、4時間で到着です。東海北陸自動車道で高山、松本に抜け、長野自動車道で岡谷I.C.へ、ここからは下道で、下社春宮に到着です。G.W.直前というのもあり、R158(上高地前後)は少し混んでましたが、ほぼ予定通りに走れました。
 下社春宮に気付かず、一旦下社秋宮近くまで行き、再度下社春宮に辿り着きました。タンデムなので、細い道や、急な坂道、鋭角ターンに気を使いました。
 参拝客も少数で、ゆったりお参り出来たのですが、コンプリートが目的なので、けっこう忙しく回りました。
 諏訪大社と言えば、御柱。各境内地に4本づつの御柱があります。この御柱をを計16本撮影するのも今回の狙いです。
 ところが、一之御柱、二之御柱は本殿の右左にあったのですが、三之御柱、四之御柱が見つかりません。・・・で、お守りを売っているお姐さんに聞いてみたところ、本殿の四隅に立っているので、一之御柱、二之御柱の後方にあるとの事。近くには行けないそうです。なので、三、四之御柱については、小さくしか撮れません。
 下社春宮とはこんなとこです。

Work117

11:48 手打そば 清明祥世庵
 駐車場で、お蕎麦屋さんの客引きのお姉さんがチラシを配ってました。それにひっかかり、下社春宮近くのお蕎麦屋さんでランチです。
 結構暑くなっていたので、私はざるそばに山菜の天ぷら、女房はとろろそばを食べました。結構、美味しかったです。

Imgp6594_r Imgp6599_r Imgp6597_r Imgp6598_r_2

12:42 諏訪大社 下社秋宮

 下社春宮から1Km程度です。
 下社春宮に比べると、少しだけ人は多かったんですが、たいした事はありません。
 下社秋宮とはこんなとこです。

Work118

13:17 諏訪大社 上社本宮
 下社秋宮から上社本宮へ行くには、諏訪湖の東を周遊し13Km程度走ります。結構、暑くなってきました。
 ここは本宮だけあって、一番立派な社叢です。

Work119

13:50 諏訪大社 上社前宮(かみしゃまえみや)
 r16沿いの駐車場に停めたんですが、本殿まで登って気付きましたが、もっと近くまでバイクで登れました。100m程度登ったので、クタクタになりました。

Work120

 これにて、四社&16御柱コンプリートhappy01
 14:09にここを出発し、ビーナスラインへ向かいます。

16:02 山本小屋ふる里館
 ビーナスラインへ登る前に給油。
   gasstation給油 ㈱山長 茅野城山SSgasstation
   15.00L \2,325(\155.0/L) 17.0km/l(254.5Km/15.00L)
 とても空いてました。

Dsc_0089_r

 走っていると涼しくて、とっても気持ちよく走れました。
 伊那丸富士見台で停車し富士山を探しました。
 うっすらと見える程度で、写真には写っていません。
 美ヶ原高原美術館手前で左折し、山本小屋ふる里館に到着です。

Imgp6639_r_2

 ここもホテルなんですが、王ヶ頭ホテルに行くには、ここの駐車場にバイクを停めて、送迎車に乗ります。
 次の送迎時刻は16:30なので、それまで荷物を降ろしたり景色を眺めたりしてました。
16:46 美ヶ原高原・王ヶ頭ホテル
 最初に言っておきます。ここは生きてるうちに一度は行っておくべきです。我々は”南館 和洋室 大人2名様以上スタンダードプラン(\21,000/人 2食付 税込)”でしたが、天候にもよると思いますが、その倍の価値はあったのではないかと思います。
 山本小屋ふる里館から、貸切状態の送迎マイクロバスにかなり激しく揺られ、15分程度でホテルに到着です。途中、美しの塔の脇も通過します。MD22に走ったら、気持ち良いだろうなという自動車すれ違い不可能な酷道です。
 いよいよ王ヶ頭ホテルに到着です。お茶を頂きながら、ホテルでの各種無料イベントを丁寧に説明して貰いました。盛りだくさんなので、詳細は、王ヶ頭ホテルHPをご覧ください。
18:25 日の入り
 先ずは、展望風呂で絶景を見ながら体を清め、日の入りの撮影に臨みました。
 今日は、ダイヤモンド槍が見られるという触れ込みでしたが、実際は常念岳の右側に沈んでいきました。にしても絶景です。山登りの経験の無い私は、こんなふうに山に沈む夕日は初めて見ました。

Img_9885_r Imgp6656_r

18:45 夕食
 日の入り撮影後、夕食です。
 とっても美味しかったです。お腹一杯になりました。

Imgp6663_r

Work121

 20:00過ぎに部屋に戻り、タンデムツーの疲れか、不覚にも寝てしまいました。気が付くと24:00廻ってました。

Img_9890_r

 慌ててツーリングガジェット(BCOM+、GPSロガー、デジカメ等)への充電です。最近のツーリングではこの充電器(Anker 40W 5-Port Turbo USB Power Adapter)を欠かせません。一度に5口のUSBが使えます。
 美ヶ原の四季を写した”スライド上映会”と”星空の観察会”は参加できませんでした。次回の為に残して置くことにします。
[二日目(5/2):美ヶ原高原・王ヶ頭ホテル→自宅]
走行前:42,734Km
走行後:43,040Km[306Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Img_9960_r

04:49 日の出
 04:10AMに目が覚めました。一服しに喫煙室へ行くと、何やら外に人が出ています。
 日の出を見に来ているのです。
 慌てて部屋に戻りEOSを手に撮影会に参加です。・・・女房は寝てました。
 富士山も、かなり明瞭に見えます。

Img_9910_r Img_9907_r Img_9925_r Img_9935_r

05:45 貸切露天風呂
 貸切露天風呂の空き具合を見に行きました。空いていれば無料で使えるシステムです。
 一~三之湯の3つがあり、全て使っていたので待つことにしました。7~8分待つと、二之湯が空きました。女房と混浴です。我々のセクシーショットをご覧ください。

Imgp6677_r Imgp6678_r Imgp6679_r Imgp6680_r

06:30 王ヶ鼻展望ツアー
 無料イベントの一つです。大型バスにて、約10分程度揺られて王ヶ鼻に到着です。
 絶景です。ほんとに、絶景なんです。

Work122

07:30 朝食

Imgp6694_r

 美味いです。ほんとに、美味いんです。
 朝食後、荷物を纏め、お土産購入し、09:20発のマイクロバスにて山本小屋ふる里館の駐車場に向かいました。
 駐車場では、荷物を積込み、09:48AMに帰路に就きました。
11:32 アルプス展望道路
 帰路は、松本とか安曇野とかの混雑が予測できたので、そこを避けたルートで北上しました。詳細はルート図をご覧ください。

Imgp6700_r

 R143の四房という所からr12に入り修那羅峠を越えます。ここから、ENEOS大岡村SSまでのR12は交通量も少なく、アルプスの展望がすばらしいです。お勧めのコースです。
 あ、それと、白馬のキッチンシェフというお店でビザとパスタを食べたのですが、不味い・遅い・対応が悪いと三拍子揃ってました。
 私がそう思うお店はそんなに無いので、ある意味特色のあるお店でしょう。
 皆さんも、絶対に入らないでください。

Imgp6704_r Imgp6705_r Imgp6706_r

16:59 自宅に到着
 糸魚川I.C.直前で給油。ここから北陸自動車道で帰ってきました。
   gasstation給油 星数石油㈱ 糸魚川インターgasstation
   13.58L \2,244(\153.0/L) 16.8km/l(228.1Km/13.58L)
 帰宅直前にいつものガソリンスタンドで給油。
   gasstation給油 JA石川かほく 津幡SSgasstation
    7.18L \1,027(\143.0/l) 19.5km/l(139.9Km/7.18L)
 帰宅してから判ったのですが、長野方面全国的にも気温が高かったようです。
 暑かったけど、おもしろかったです。
 それと、タンデムの限界は600Km/2日ですね。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村 パーツ