フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2015/07/23 VFRソロツーリング to 北海道2015(6/8) | トップページ | 2015/07/25 VFRソロツーリング to 北海道2015(8/8) »

2015/07/24 VFRソロツーリング to 北海道2015(7/8)

走行前:46,884Km
走行後:47,206Km[322Km]

Dsc_0365_r

 皆様にとっては他愛のない出来事でしょうが、私にとって残念なお知らせです。常にツーリングの友として活用していたコンデジ(PENTAX Optio S1)が、ご臨終です。
 昨日(7/23)、フェリーに乗り込んだ後、ナポリタンスパゲッティを食べてた時に、私のズボンのポケットから床に滑り落ちたのです。直後に動作確認した時は大丈夫だった筈なんですが、今朝スイッチを入れても、液晶画面にはばやけたものしか写りません。
 なので、本日からXperia Z3での撮影となります。
 PENTAX Optio S1よ、長い間ありがとう。
04:45 八戸港に到着

Dsc_0289_rDsc_0290_r

 五日間の北海道滞在を終え、本州戻ってまいりました。
 と言っても、着いたのは新潟港では無く、青森県八戸港です。北海道もバイクでは初めてでしたが、青森、秋田、岩手もバイクでは未踏の地でした。で、今回、北海道ツーに乗っけて、東北の温泉巡りを企てた訳です。
 八戸港には定刻に到着したものの、私がバイクと共に下船できたのは、5:27AMです。
 直ぐに、酸ヶ湯温泉に向かいました。
06:51 酸ヶ湯温泉
 1時間20分くらいで到着です。Google Navi、こいつぁなかなか優れものです。
 入浴料\600を支払、突入。
 かなりの硫黄臭です。そしてPh2.3だそうです。これだけ酸性が強いと、やっぱり、ニュルニュル感があります。肌が酸で溶けているのでしょう。
 浴室はかなり古い木造建築で、なんとも言えない佇まいです。

Dsc_0295_r Dsc_0297_r Dsc_0298_r Dsc_0299_r

Dsc_0301_r_2

 この後の予定も沢山控えていたので、お風呂は15分くらいで切り上げ、朝食にしました。

 メニューは、おにぎり(\150)、ゆでたまご(\50)、キュウリの一本づけ(\100)のしめて\300です。とっても美味しく頂けました。私には、いろいろあるりも、こういう単純な食事のほうが合ってるんじゃないかと思いました。
 07:47AMに蔦温泉に向かって出発です。15Kmほど、十和田湖方面に戻る形になります。
08:05 蔦温泉

Dsc_0303_r

 蔦温泉に到着です。ブナ林の中に建つ、立派な温泉旅館です。
 ・・・が、い正面に”立寄り湯終了”という看板が置いてあります。前日の終了看板だと思ったので、旅館のフロントの方に”立ち寄り開始は何時からですか?”と聞くと”10:00AMからです”とつれない返事。2時間も待つと後の予定が成り立たないので、退却を余儀なくされました。
 8:17AMに十和田湖方面へ出発です。
08:27 奥入瀬渓流
 十和田湖へ向かうには奥入瀬渓流を通ります。
 勿論初めての訪問ですが、とても良い雰囲気の所です。ただ、雨の為か、水量が多すぎ、かつ、少し濁っているように見えました。
 いつもは、も少し水量が少なく、澄んだ水が流れているんだろうと思います。
 ところどころでバイクを停め、撮影しました。

Dsc_0304_r  Dsc_0306_r Dsc_0315_r

Dsc_0305_r_2 Dsc_0307_r_2 Dsc_0308_r_2

09:36 十和田湖 乙女の像
 想像通り湖畔に建っているのですが、神社の参道を4~5分歩いていかなければなりません。それに私には、おばはんの像も見えました。偶然大阪からいらしたライダーさんとお話したのですが、同じ感想でした。

Dsc_0317_r_3 Dsc_0318_r Dsc_0321_r

 10:00AM頃、八幡平に向けて出発です。
12:12 八幡平アスピーテライン 見返峠

Img_0678_r

Dsc_0325_r

 八幡平アスピーテラインをフルアクセスできるように、R103から十和田南I.C.で東北自動車道に乗りました。松尾八幡平I.C.まで走り、そこからアスピーテラインに入りました。
見返峠の手前までは、天気良し路面良しと気持ちよくワインディング楽しんだのですが、峠の4~5Km手前くらいから、霧が立ち込め、雨が落ちてきて最悪のコンディデョンでした。見返り峠で記念撮影をしたものの、何も映ってません。
 でも、そこから北側に降りると途中から、霧も晴れ、雨も無くなりました。
 アスピーテラインを抜けてから、玉川温泉に向かいました。
12:24 玉川温泉
 温泉に近づくと、強烈な硫黄臭です。源泉が直ぐ近くにあり、もうもうと煙が出ています。すごい雰囲気です。

Dsc_0331_r

 まず、腹ごしらえです。”秋田三昧”(\1,000)を頂きました。とても美味しかったです。
 建物が酸ヶ湯温泉と同じで、木造建築です。雰囲気最高です。浴槽も種類が多く、100%源泉、50%源泉、うたせ湯、バブル、ウェットサウナ、箱サウナ、寝槽などがあります。
 pH1.05だそうです。舐めるとピリピリします。私のお尻が長いツーリングで少しだけあせも状態なんでしょう、お尻もヒリヒリします。
 酸ヶ湯温泉も同様でしたが、湯治客がメインなんでしょうか、年寄りが多くいました。
 お湯は強烈過ぎますが、雰囲気は最高でした。

Dsc_0326_r Dsc_0332_r_2 Dsc_0337_r Dsc_0338_r Dsc_0339_r

15:40 乳頭温泉・黒湯温泉

Dsc_0351_r

 今夜の宿泊先です。
 実は鶴の湯さんを予約しようとしたがダメで、黒湯温泉を予約しました。
 でも、黒湯温泉も、なかなかです。pH4.5と良心的だし、湯の華も少し出ています。これが一番なじめるんではないでしょうか。

Dsc_0347_r Dsc_0349_r Dsc_0350_r Dsc_0354_r Dsc_0358_r Dsc_0352_r Dsc_0359_r Dsc_0363_r Dsc_0364_r

 夕食も美味しかったです。
そして、本ツーの最後の夜が更けていきます。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2015/07/23 VFRソロツーリング to 北海道2015(6/8) | トップページ | 2015/07/25 VFRソロツーリング to 北海道2015(8/8) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/497778/60882010

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/07/24 VFRソロツーリング to 北海道2015(7/8):

« 2015/07/23 VFRソロツーリング to 北海道2015(6/8) | トップページ | 2015/07/25 VFRソロツーリング to 北海道2015(8/8) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村 パーツ