フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/28 北海道ツーリング2015 その後

 先週末(7/25)、乳頭温泉(秋田県)からの676Kmを走破、無事に北海道ツーリング2015を終えました。
 日曜日(7/26)には、文句も言わず良く頑張ってくれたVFRの洗車、荷物類の後片付けを済ませました。
 そして、月曜日(7/27)からはサラリーマンとしての日常に戻りました。
 そんな中で、昨日(07/28)、嬉しい出来事が2つありました。
[その1]ホクレンフラッグ

Dsc_0388_r

 私が唯一Get出来なかったホクレンフラッグ(黄)が送られて来ました。
 タウシュベツ橋梁ツアーで知り合い、旭川北I.C.まで行動を共にした”ぜっとわん”さんからです。
 本ブログでホクレンフラッグ(黄)がGet出来なかった事を知り、”お譲りしましょうか”と言って下さったのです。
 まさに私にとっては”渡りに船”というわけで、直ぐにお願いしました。・・・で、昨晩帰宅したら到着していたのです。ホクレンフラッグ2015コンプリートsign03
 ぜっとわんさんは全色2Set買い求められ、保管用のうち1本を譲って下さったのです。良い人ですhappy01

Dsc_0386_r

[その2]羆の画像
 2015/07/21 VFRソロツーリング to 北海道2015(4/8) に記載しましたが、知床峠で羆と遭遇した赤尾さんから、羆・その他の画像を送って頂きました。
 赤尾さんの許可も頂いたので、以下に掲載します。羆の画像以外にも羨ましい画像が一杯ありました。
左:知床の熊さん①、右:知床の熊さん②
Img_25931_r_3 Img_2595_r

左:十勝温泉のリスさん、右:摩周湖-第3展望台より

Img_2539_r Img_2551_r

左:さくらの滝、右:紋別カニのモニュメント

Img_2556_r Img_2613_r

左:ジェットコースターの路、右:大洗港へ

Img_2670_r Img_2688_r

 ぜっとわんさん、赤尾さん、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/25 VFRソロツーリング to 北海道2015(8/8)

走行前:47,206Km
走行後:47,882Km[676Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Dsc_0382_r

08:07 お宿を出発

Dsc_0368_r

 温泉泊の定番、朝早く起床。さっそく朝風呂。7:00AMから朝食です。美味しかったです。
 昨日(7/24)日中はたいしたことのない雨。ところが、夜からかなり激しい雨。朝起きると相当激しい雨。
 お宿の傍に流れる川もみるみる勢いが増し、色も茶色に変化。

Dsc_0366_r Dsc_0369_r

 こんな所に長居は出来ないと考え、雨の中レインウェアを着込み出発しました。
08:49 田沢湖・たつこ像

Dsc_0371_r

 田沢湖と言えばコレ。金色に輝くたつこ像です。
 これは、昨日(7/24)の十和田湖の乙女よりは断然若くて綺麗です。
11:40 鳥海ブルーライン・鉾立山荘
 日本海側に出ると、雨は降ってませんでした。その代わり暑かったです。
 初の鳥海ブルーライン。下から鳥海山を見ると白くなって頂上は見えません。なので、ある程度は覚悟してたのですが、中腹から上は、酷い霧でした。下の写真は鉾立山荘から駐車場に停めた私のバイクを撮ったものです。中央にバイクがあるのですが・・・coldsweats02

Dsc_0376_r

 GoogleNaviの表示を頼りにおそるおそる登っていきました。頂上の鉾立山荘は最悪です。霧+強風です。少し時間をおこうと思い、ここで昼食にしました。

Dsc_0374_r

 オーダーしたのは、鳥海うどん(\700)。まあ、普通の味です。昼食を頂いた後も、霧と風に変化は見られません。
 覚悟して、山形県側に降りることにしました。前を走っているマイウロバスのテールライトとハザードランプを頼りにおそるおそる下山です。途中で、頼りにしてたマイクロバスが私に道を譲ってくれました。ありがた迷惑な話ですが、仕方がありません。今度は私がハザードランプを点けて走りました。
 なんとか、無事下山出来ました。結局、走りを楽しめたのは、下半分だけでした。
19:24 自宅に到着
 北陸自動車道 金沢森本I.C.から降りる時、夕日が沈んでいきました。まるで、私の旅の最後を象徴するようです。
 豪雨の乳頭温泉から灼熱の石川への676Km。もちろん、上記スポット以外でもいろんな所で休憩しました。でもまだまだ元気です。
 今回の旅の目標”無事に帰宅する”は成し遂げました。いろんな失敗はありますが、七泊八日の一人旅、とても楽しかったです。
 また、是非出掛けたいです。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/24 VFRソロツーリング to 北海道2015(7/8)

走行前:46,884Km
走行後:47,206Km[322Km]

Dsc_0365_r

 皆様にとっては他愛のない出来事でしょうが、私にとって残念なお知らせです。常にツーリングの友として活用していたコンデジ(PENTAX Optio S1)が、ご臨終です。
 昨日(7/23)、フェリーに乗り込んだ後、ナポリタンスパゲッティを食べてた時に、私のズボンのポケットから床に滑り落ちたのです。直後に動作確認した時は大丈夫だった筈なんですが、今朝スイッチを入れても、液晶画面にはばやけたものしか写りません。
 なので、本日からXperia Z3での撮影となります。
 PENTAX Optio S1よ、長い間ありがとう。
04:45 八戸港に到着

Dsc_0289_rDsc_0290_r

 五日間の北海道滞在を終え、本州戻ってまいりました。
 と言っても、着いたのは新潟港では無く、青森県八戸港です。北海道もバイクでは初めてでしたが、青森、秋田、岩手もバイクでは未踏の地でした。で、今回、北海道ツーに乗っけて、東北の温泉巡りを企てた訳です。
 八戸港には定刻に到着したものの、私がバイクと共に下船できたのは、5:27AMです。
 直ぐに、酸ヶ湯温泉に向かいました。
06:51 酸ヶ湯温泉
 1時間20分くらいで到着です。Google Navi、こいつぁなかなか優れものです。
 入浴料\600を支払、突入。
 かなりの硫黄臭です。そしてPh2.3だそうです。これだけ酸性が強いと、やっぱり、ニュルニュル感があります。肌が酸で溶けているのでしょう。
 浴室はかなり古い木造建築で、なんとも言えない佇まいです。

Dsc_0295_r Dsc_0297_r Dsc_0298_r Dsc_0299_r

Dsc_0301_r_2

 この後の予定も沢山控えていたので、お風呂は15分くらいで切り上げ、朝食にしました。

 メニューは、おにぎり(\150)、ゆでたまご(\50)、キュウリの一本づけ(\100)のしめて\300です。とっても美味しく頂けました。私には、いろいろあるりも、こういう単純な食事のほうが合ってるんじゃないかと思いました。
 07:47AMに蔦温泉に向かって出発です。15Kmほど、十和田湖方面に戻る形になります。
08:05 蔦温泉

Dsc_0303_r

 蔦温泉に到着です。ブナ林の中に建つ、立派な温泉旅館です。
 ・・・が、い正面に”立寄り湯終了”という看板が置いてあります。前日の終了看板だと思ったので、旅館のフロントの方に”立ち寄り開始は何時からですか?”と聞くと”10:00AMからです”とつれない返事。2時間も待つと後の予定が成り立たないので、退却を余儀なくされました。
 8:17AMに十和田湖方面へ出発です。
08:27 奥入瀬渓流
 十和田湖へ向かうには奥入瀬渓流を通ります。
 勿論初めての訪問ですが、とても良い雰囲気の所です。ただ、雨の為か、水量が多すぎ、かつ、少し濁っているように見えました。
 いつもは、も少し水量が少なく、澄んだ水が流れているんだろうと思います。
 ところどころでバイクを停め、撮影しました。

Dsc_0304_r  Dsc_0306_r Dsc_0315_r

Dsc_0305_r_2 Dsc_0307_r_2 Dsc_0308_r_2

09:36 十和田湖 乙女の像
 想像通り湖畔に建っているのですが、神社の参道を4~5分歩いていかなければなりません。それに私には、おばはんの像も見えました。偶然大阪からいらしたライダーさんとお話したのですが、同じ感想でした。

Dsc_0317_r_3 Dsc_0318_r Dsc_0321_r

 10:00AM頃、八幡平に向けて出発です。
12:12 八幡平アスピーテライン 見返峠

Img_0678_r

Dsc_0325_r

 八幡平アスピーテラインをフルアクセスできるように、R103から十和田南I.C.で東北自動車道に乗りました。松尾八幡平I.C.まで走り、そこからアスピーテラインに入りました。
見返峠の手前までは、天気良し路面良しと気持ちよくワインディング楽しんだのですが、峠の4~5Km手前くらいから、霧が立ち込め、雨が落ちてきて最悪のコンディデョンでした。見返り峠で記念撮影をしたものの、何も映ってません。
 でも、そこから北側に降りると途中から、霧も晴れ、雨も無くなりました。
 アスピーテラインを抜けてから、玉川温泉に向かいました。
12:24 玉川温泉
 温泉に近づくと、強烈な硫黄臭です。源泉が直ぐ近くにあり、もうもうと煙が出ています。すごい雰囲気です。

Dsc_0331_r

 まず、腹ごしらえです。”秋田三昧”(\1,000)を頂きました。とても美味しかったです。
 建物が酸ヶ湯温泉と同じで、木造建築です。雰囲気最高です。浴槽も種類が多く、100%源泉、50%源泉、うたせ湯、バブル、ウェットサウナ、箱サウナ、寝槽などがあります。
 pH1.05だそうです。舐めるとピリピリします。私のお尻が長いツーリングで少しだけあせも状態なんでしょう、お尻もヒリヒリします。
 酸ヶ湯温泉も同様でしたが、湯治客がメインなんでしょうか、年寄りが多くいました。
 お湯は強烈過ぎますが、雰囲気は最高でした。

Dsc_0326_r Dsc_0332_r_2 Dsc_0337_r Dsc_0338_r Dsc_0339_r

15:40 乳頭温泉・黒湯温泉

Dsc_0351_r

 今夜の宿泊先です。
 実は鶴の湯さんを予約しようとしたがダメで、黒湯温泉を予約しました。
 でも、黒湯温泉も、なかなかです。pH4.5と良心的だし、湯の華も少し出ています。これが一番なじめるんではないでしょうか。

Dsc_0347_r Dsc_0349_r Dsc_0350_r Dsc_0354_r Dsc_0358_r Dsc_0352_r Dsc_0359_r Dsc_0363_r Dsc_0364_r

 夕食も美味しかったです。
そして、本ツーの最後の夜が更けていきます。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/23 VFRソロツーリング to 北海道2015(6/8)

走行前:46,425Km
走行後:46,884Km[459Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Img_0664_r

07:41 お宿を出発

Dsc_0279_r

 今朝も、05:00AM位に起床。
 昨日(7/22)のブログ未完だったので、これを書き上げアップ。
 出発準備を済ませ、07:00AM過ぎに朝食を頂きました。とても美味しく頂きました。
 先ずは、”青い池”を目指して出発です。
07:57 青い池
 とても雰囲気のある池です。下の画像は私が見た色よりも白っぽく写ってしまってます。ただ、私が見た色も青と言うよりは白けた緑って感じでした。
 それから、いい感じで靄がかかって、美しかったです。

Img_0618_r Img_0624_r Img_0627_r Img_0630_r

08:37 ケンとメリーの木

Imgp7377_r

08:45 セブンスターの木
 セブンスターにこんな絵、ありましたっけsign02

Imgp7379_r

08:55 親子の木
 親子の木って、何ですのん?

Img_0634_r

09:29 ジェットコースターの道
 この時は酷い雨でした。

Imgp7381_r

09:44 パノラマロード
 ジェットコースターの良く似た感じでしたが、路面は荒れてます。ジェットコースターの道だけで良かったのでは?

Imgp7383_r

10:06 ふくだめろん観光農園
 ぜっとわんさんに教えて頂いたメロン屋さんです。中富良野にありました。
 カットめろん1/2カット(\400)を頂きました。コストパフォーマンス高し。次々とライダーが訪れます。

Imgp7390_r Imgp7387_r Imgp7388_r Imgp7385_r

 家族用にも購入し、発送しておきました。これで、帰ってからの対応が柔らかくなるでしょうsmile
10:28 中富良野町営ラベンダー園
 ふくだめろんから南下していると、”なかふらの”と大きく書かれたラベンダー園が見えました。ソロツーリングの良い所で、さっそく、吸い付けられました。
 いろんな花が咲いてます。ウェディングドレスの姿の花嫁さんも・・・、と言いたいところですが、花とは言い難いビジュアルでした。

Img_0635_r Img_0636_r Img_0637_r_2 Img_0639_r Img_0640_r Img_0641_r Img_0642_r Img_0643_r

11:44 かなやま湖ラベンダー園

Imgp7395_r

 知床峠で出会ったAかおさんから教えて頂いたスポットです。
 ラベンダー畑そのものはそんなに大きくはありませんが、そこへ行くまでのワイディングがとっても面白かったです。
 ここから、道東自動車道 占冠I.C.を目指します。
enter
enter
enter
enter
enter
12:30 道の駅 占冠(シムカップ)村

Imgp7400_r

 道の駅の中にある、”お食事処 おおさか屋”さんでランチを頂きました。
 オーダーしたのは、”ザンギ定食”(\750)。所謂、鶏のから揚げ定食です。普通のお味でした。
 食後一服していると、なんでも仙台から北海道へ山登りに来たというオッサンに捕まり、20分ほど相手をさせられました。
 と、その時、見た事のあるご夫婦の姿を発見。清里町のペンション風景画でご一緒させて頂いたご夫婦でした。ご挨拶すると、共に満足そうな笑顔でお話され、我が”ほっと、バイク!”を読んで頂いているとの事。ブロガー名刺効果ですdelicious
15:51 地球岬
 占冠I.C. で道東自動車道 に乗り、一路室蘭の地球岬に向かいます。
 これが最後の立寄地かと思うと、この5日間のいろんなシーンが浮かび、少し感傷的になりましたweep。歳は喰いましたがまだまだ強い感受性は維持しています。
 凡そ2時間余りで到着出来たのですが、その間、天気がクルクル変わりました。強い雨、弱い雨、強い太陽光、曇り空などです。

Img_0651_r

 そして極め付きは、地球岬の”靄”。
 最初は灯台すら見えませんでした。
enter
enter
enter

Img_0668_r

 靄が無くなるのを一服しながら待っていると、一人の青年がやって来ました。靄が薄くなってきたのでシャッターをお願いした所、快く引き受けて頂きました。が、様子を見てると右手が不自由なようです。いやぁ、悪いことお願いしちゃったなぁと思いましたが、彼はニコニコ笑顔で対応してくれ、シャッターを押してくれました。近ごろの若者も捨てたもんじゃありません。なんだか、こっちが良い気持ちになりました。話をすると、岐阜県の関ヶ原出身で、今は仕事の関係で札幌に住んでいるとの事。頑張って下さい。

Img_0662_r Img_0666_r Img_0667_r Img_0669_r

 19:45までに苫小牧のフェリーターミナルに着かなきゃいけないし、ホクレンフラッグ(黄色)を手に入れなければいけなかったので、余裕をもって16:20にここを出発です。
 実は、室蘭でホクレンフラッグ(黄色)を入手する算段だったのですが、地球岬でネットで調べると、室蘭にはありませんでした。
18:53 苫小牧フェリーターミナル(西港)
 室蘭から苫小牧までは高速でスムーズに到着。Googleナビに入力した”ホクレンショップ苫小牧店”に到着です・・・が、これはガソリンスタンドでは無く、普通のお店でした。はめられました。・・・、私が勝手に間違えたのですがcoldsweats02
 気を撮り直し、真面目にホクレンのサイトでGSを検索すると、東港の10Km先にホクレンのGSがあることが判りました。じゃフェリーターミナルからも少し行けば良いだけじゃんと思い、まず、東港のフェリーターミナルへ行きました。到着すると、ガソリンのランプは丁度点滅し始めました。ここで、気付いた驚愕の事実。・・・私のフェリーは西港だったのですsign03
 で、かなり動揺し、およそ20Kmくらい離れた西港に大慌てで向かいました。ホクレンフラッグ(黄色)断念です。時間的には余裕はあったのですが、東港から向かった先のホクレンGSが閉まったりしてたら万事急須なので安全策をとりました。
 で、、余裕をもった時間に苫小牧フェリーターミナル(西港)に到着。

Imgp7412_r_2

 受付を済ませ、入船し、入浴し、冷凍ナポリンタンスパゲッティ&缶ビールを頂き、いよいよ出航しましたとさ。
 さらばじゃ、北海道! また来るからね!!
 私の、北海道ツー2015 北海道編はこれにて幕を閉じました。めでたし、めでたし。
 明日(7/24)からは、北海道ツー2015 東北編です。楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/22 VFRソロツーリング to 北海道2015(5/8)

走行前:46,141m
走行後:46,425Km[284Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Img_0580_r

06:40 お宿を出発

Imgp7331_r

 朝食はカロリーメイトで済ませました。
 今日は、タイシュベツ橋梁見学ツアー参加の予約をしてありました。
 集合は糠平温泉9:00AMだったのすが、ナイタイ高原牧場へも立寄りたいので、少し早目に出発。
 天気は雨。レインウェア上下を着込んで完全武装です。
07:21 ナイタイ高原牧場
 高原牧場に登り始めると、雨に加えて霧。最悪のコンディションの中、登り切った時の奇跡の青空を信じ登り切りました。
 軌跡など起こるわけもなく、こんな様子でした。

Imgp7336_r Imgp7333_r Imgp7334_r Imgp7335_r

08:29 糠平(ぬかびら)温泉文化センター
 旧国鉄士幌線アーチ橋見学ツアー(日中コース)の集合場所に到着です。
 集合場所を良く確かめもせず、糠平温泉へ行けば判るだろうと思って走っていたのですが、場所が判らないまま、糠平温泉を通過してしまいました。再度糠平温泉に戻り、漸く糠平温泉文化センターを発見。さっそく、参加費用\3,150を支払いました。
 一人二人と参加者が参集し、6名(赤ちゃん含む)の参加者が集まりました。
 全員に長靴が支給されます。
 簡単にコース説明があり、ほぼ定刻の9:00AMに全員ワゴン車に乗り込みます。
 R273から林道に突入です。入口には私の嫌いな鍵付きゲートがあります。ツアーガイドさんは持ってる鍵でゲートを開けます。とうやら我々一般人でも町に申し込むと鍵を貸してもらえるらしいです。
 ほぼフラット林道(でもVFRで行くのは危険)を5Kmほど入ると、駐車スペースがあり、そこにワゴンを駐車し、200mくらい徒歩でタイシュベツ橋梁に到着です。
 今年は水かさがなかなか増えないらしく、橋の根本を自在に見学できます。
 写真で見た通りの橋梁ですが、真ん中あたりは相当な痛みようです。現在の姿はあと数カ月とか言われてる方も居るそうです。

Img_0562_r Img_0567_r Img_0568_r Img_0583_r_2

Imgp7338_r Imgp7341_r Imgp7342_r Imgp7343_r

11:55 レストラン ナウシカ
 ツアーガイドさんのお勧めと、鹿丼ののぼりばたに興味をそそられました。
 ツアーをご一緒したぜっとわんさんと一緒に鹿丼を頂きました。

Imgp7348_r Imgp7349_r Imgp7350_r Imgp7352_r

 すこし堅いお肉ですが、甘く味付けされていて、とても美味しかったです。
13:13 幌加温泉湯元鹿の谷(かのや)

Imgp7353_r

 そう言えば、北海道に来てから温泉に浸かってません。
 タイシュベツのガイドさんが、幌加温泉湯元鹿の谷の事を”お薦めです。4種類にお湯が楽しめます。”と言っていたので、行く事にしました。
 ぜっとわんさんも、浸からないけど見るだけ見たいとのことで、一緒に行きました。
 ナトリューム泉、鉄泉、カルシューム泉、打たせ湯、(写真無)、露天風呂の5種類の浴槽があります。残念ながら私以外には男性客が2名。混浴露天は私一人でした。

Imgp7354_r Imgp7355_r Imgp7356_r Imgp7357_r

 それぞれの違いはあまり良くは判りませんでした、どれも良いお湯です。
 あまり長湯してもなんなので、短時間で出てきました。
14:04 三国峠
 幌加温泉での入浴後、三国峠に向かうと少し雨が落ちてきました。
 途中で、ぜっとわんさんが雨具を装着してたらしく、再度ミートしました。ここから、旭川までご一緒することにしました。
 さて、三国峠はこんな感じです。何も見えません。

Imgp7358_r Imgp7359_r Imgp7360_r

14:51 層雲峡(流星の滝・銀河の滝)
 せっとわんさんの後ろをついて行ってたので、どこか判らなかったのですが、2つの大きな滝です。看板を見ると”流星の滝”、”銀河の滝”です。
 見事な大滝が150mくらい離れているだけです。

Imgp7361_r Imgp7363_r Imgp7364_r

17:35 ペンション コスモス・ファーム
 比布大雪P.A.で小樽港へ向かわれるぜっとわんさんと別れ、旭川北I.C.を降り南下。
 相変わらずの雨の中、上富良野の今宵のお宿”コスモス・ファーム”に到着しました。

Imgp7368_r

 途中、美瑛で”ぜるぶの丘・亜斗夢の丘”といところで、雨が止み、かなり華やかなラベンダーが咲いていたので写真に収めました。
 ペンションに到着後、さっそく、お風呂に入り、お食事を頂きました。
 どれも、とても美味しかったです。

Imgp7370_r Imgp7373_r Imgp7374_r Imgp7375_r

 そして、今宵も夜が更けていきます。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/21 VFRソロツーリング to 北海道2015(4/8)

走行前:45,738XKm
走行後:46,141Km[403Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Imgp7275_r

08:04 お宿を出発
 今日も早起きです。6:00AMに起床です。宿の周りを散策し、少しだけ朝の清里町を撮影しました。

Imgp7249_r Imgp7252_r Imgp7255_r Imgp7256_r

Imgp7257_r

 07:30AMから朝食です。山登り皆様はとっくに出掛けており、朝食を食べるのは4名のみ。美味しく頂きました。
 出発準備をしてると、お宿のマスターが出てきました。マスターもバイク乗りらしく、ガレージ内の真っ赤なCB750F/XLR125を見せて頂きました。CB750Fはず~っと乗ってるとの事。
 08:04AMに出発です。
08:32 天まで続く道
 またまたストレートロードです。

Imgp7262_r Imgp7263_r

08:53 おしんこしんの滝
 100名瀑のひとつ、良く見る奴です。オシンコシンの滝です。
 お姐さんがお客のカメラでシャッターをきってくれるサービスをしていたので、すかさずお願いして撮って貰いました。

Imgp7265_r Imgp7266_r

09:26 知床五湖
 知床五湖についた頃、既に相当暑かったです。
 高架になってる木道で1湖まで行けます。地上遊歩道の方は、ツアーに参加しないと駄目だそうです。

Imgp7269_r Imgp7270_r Imgp7272_r Imgp7275_r_2

Imgp7277_r

 ここのインフォメーションにカムイワッカの滝へオンロードバイクで行けますか?と質問したところ、”お勧めできません”との回答。かわいいお姐さんだったので、信用し、カムイワッカの滝への入浴は断念。
 あとで、カムイワッカの滝に行った人に聞いてみると、VFRだったら、やっぱりお勧めできないとの事でした。その方はSR400でコンプリートしてました。
 因みに、カムイワッカの滝への入り口は左の写真です。入口は超フラットなのですが、途中フカフカの砂利の部分があるそうです。全長で10Kmあるのですが、5Kmくらいで断念して徒歩で滝まで行かれた方もいるそうです。
11:00 知床峠
 快走路でした。
 ただ、ここでお会いした春日部から来られたAかおさんは、上ってくる途中に羆三頭と出くわしたらしいです。勇敢にも写真を撮られていたので、見せて頂きました。
 私だったら、しょんべんチビッて撮影どころじゃ無かったでしょう。写真は、Aかおさんに撮って頂きました。

Imgp7279_r Imgp7282_r Imgp7283_r

12:17 サーモンハウス サーモン亭・標津町

Imgp7287_r

 野付半島を目指して南下してきました。
 丁度、お腹が空いたので”鮭親子丼”(\1,296)を頂きました。
 美味しくないわけが無く、普通にとても美味しく頂きました。
 で、空模様を見ると、嫌な雲が近づいてきています。
 野付半島をパス、直ぐに開陽台に向かう事にしました。
enter
enter
enter
13:15 開陽台
 誰に聞いても絶対行くべきと言われる開陽台です。
 生憎の曇り空で、絶景とまではいきませんが、素敵な景色です。

Imgp7289_r Imgp7291_r Imgp7292_r Imgp7293_r Imgp7294_r Imgp7295_r

14:04 裏摩周湖展望台

Imgp7297_r

 裏摩周湖展望台に向かい途中、お山に”牛”という文字が刻まれていました。
 おもろい事をすつものです。
 養老牛の牛ですね。

Imgp7298_r

 ここに到着すると、駐輪スペースに赤のCB750Fがありました。今朝も赤は見てたので、北海道って赤のCB750、大好きなんだなと思いました。
 ところが、ここで真っ赤なジャンパーを着込んだ、見た事あるおじさんが現れました。な、なんと、”風景画”のマスターでした。少しだけ空き時間が出来たので、たまにCB750Fを動かしたんだと仰ってました。こんな偶然も有るんですね。少しお話しした後で、もう食事を作らなきゃと、帰宅されました。

Imgp7301_r

 それと、ここで見た事のあるMT-09 TRACERを発見。
 知床五湖でお話した方です。
 皆、良く似たルートを走るのですね。
 肝心の摩周湖ですが、まさに”霧の摩周湖”でした。

Imgp7299_r Imgp7300_r

14:43 神の子池
 約1Kmほど、フラットダートです。VFRでも難なく走れました。
 本当に、ブルーでした。

Imgp7305_r Imgp7306_r Imgp7307_r Imgp7308_r

 ここで、この先の日程を再考しました。
 ここから約40分くらいで予約してある川湯温泉のライダーハウスには行けます。
 ところが、明日(7/22)のタイシュベツ橋梁ツアーの時間を考えると、ライダーハウスからは5:00AMには出発する必要があります。
 今だったら、足寄あたりまでは行ける筈と思い、足寄近辺の宿をあたりました。ところが、足寄には空きが無いとこばっか、で、足寄より少し南の本別町にある”さがみ屋旅館”で予約を入れました。
 なので、川湯温泉のライダーハウスにはキャンセルを連絡し、ここから”さがみ屋旅館”へ向かいます。
16:47 オンネトー
 やっぱりここは外せません。
 私が行く直前には少し雨が降ってたようです。発色はイマイチでしたが、クリアに見えてました。

Imgp7310_r Imgp7311_r Imgp7320_r Imgp7321_r

18:01 さがみ屋旅館

Imgp7324_r

 足寄から本別間は少し雨に打たれました。視界に影響ない程度の雨でした。
 近くの”居酒屋酒一筋”で、夕食を頂き、旅館に戻ってお風呂を浴びました。

Imgp7329_r Imgp7325_r Imgp7326_r Imgp7327_r Imgp7328_r

 そして、今宵も夜が更けていきます。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/20 VFRソロツーリング to 北海道2015(3/8)

走行前:45,257Km
走行後:45,738Km[481Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Imgp7193_r

05:00 起床
 相当疲れていた筈なのに、起きてみれば05:00AM。

Imgp7179_r

 05:30AMからの朝食を頂きました。この朝食はグレード高いです。沢山食べてしまいました。
 食後は、出発の準備です。今日は、宗谷岬あたりのお店が開く時刻(08:00AM)に合わせて、07:00AM出発予定でした。
 予定どうりに07:00AM出発しました。気温は23℃くらいで、丁度気も良く走れる気温でした。
07:33 宗谷岬

Imgp7181_r

 稚内を出て、宗谷丘陵経由で宗谷岬に向かいました。
 宗谷丘陵の景色はこんな感じです。
 宗谷岬では、こんな写真を撮りました。
enter
enter
enter
enter
enter
enter

Imgp7182_r_2 Imgp7184_r_2 Imgp7186_r Imgp7187_r

Imgp7188_r Imgp7189_r Imgp7193_r_2

Imgp7248_r

 

 柏屋さんで”日本最北端到着証明書”、㈲安田石油店さんで”日本さいほくたん給油証明書”を頂きました。安田石油店さんは、たった2Lしか入らなかったのですが、快く出してくれました。
enter
enter
enter
enter
09:20 猿払村道エサヌカ線
 これもまた真っ直ぐです。そして長いです。

Imgp7199_r Imgp7202_r Imgp7203_r

12:15 道の駅 サロマ湖

Imgp7205_r

 本当は北勝水産のほたてバーガーを食べに行ったのですが、あいにく今は営業してないとの事。
 仕方なく、帆立カレーライス(\450)を食しました。
 カレーの中に帆立が入っているのですが、なるほどその通りのお味で、それ以上のものは感じませんでした。
13:08 サロマ湖展望台
 ランチ後、サロマ湖展望台に登りました。
 入り口はダートです。展望台直前の500m位が舗装。ダートはフラットでしまった状態だったので慎重にさへすれば大丈夫なのですが、いかんせん道幅が狭いので自動車とのすれ違いがビビります。私にすれば、自動車がもっと右側に寄ってほしいのですが、バイクだから通れるだろうくらの幅しかあけてくれないのです。自動車の人は道路わきのほうの、少し浮いた状態の砂利の怖さを知らないのです。
 暑い中、冷汗も流しならサロマ湖展望台に到着。長い階段を上った先には、絶景でした。

Imgp7208_r Imgp7209_r Imgp7211_r Imgp7214_r

14:16 能取岬
 ここはあまり期待して無かったのですが、予想外に良い所でした。お勧めです。

Imgp7215_r Imgp7216_r Imgp7218_r Imgp7219_r

15:31 美幌峠
 能取岬の見学を終えて未だ時間が早かったので、美幌峠まで行って来ました。
 これまた素晴らしい景色でした。

Imgp7230_r Imgp7232_r Imgp7225_r Imgp7226_r

16:32 ホクレン 川湯給油所
 2本目のホクレンフラッグ(緑)Get!
17:03 旅人の宿 風景画
 今宵のお宿に到着です。
 直ぐにお風呂に入り、07:00PMからお食事です。

Dsc_0261_r Imgp7244_r Imgp7245_r Imgp7246_r

 ソロの旅行者3名が同じテーブルになったのですが、20~30回は北海道に来てると言うカメラと釣り好きの方。そしてもう人方は7~8回、バイクや車で来ているという方。
こんな方々の話を面白く聞きながら夜は更けていきました。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/19 VFRソロツーリング to 北海道2015(2/8)

走行前:44,816Km
走行後:45,257Km[441Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine

Imgp7163_r

 思った以上に走りました。ストレス無く走れるので、体で感じる以上に距離を稼いでしまいます。
 北海道、確かにおもろいです。来て良かったぁhappy01
03:00 起床

Imgp7102_r

 4:30AMにフェリーが入港する予定だったので、3:30AMにスマホのアラームをセットしてあったのですが、周囲がざわつき始めたので、3:00AMに起床しました。
 予定通りに4:30AMに入港し、私がフェリーから降りたのが、5:05AMです。
 フェリーから降りるとき、2台のバイクが転倒、ヘルメットを落としてシールドを外してしまった人とか居ました。私も興奮してましたが、皆さん、相当エキサイティングです。
05:40 札幌市街
 北海道なので、北海道らしい写真を撮りたかったんです。
 生憎の雨の中、小樽から札樽自動車道で一路札幌を目指しました。気温は19~20℃なんですが、雨のせいか体感は15℃くらいでした。
 札幌市街では、電波塔と時計台withVFRを撮影しました。

Imgp7106_r Imgp7109_r

Imgp7113_r

 雨がなかなか止まないので、雨宿りがてらコンビニでサンドイッチを購入し頂きました。
enter
enter
enter
09:05 ホクレン留萌給油所

Imgp7117_r

 ホクレンフラッグ(Blue)をGetです。
 札幌からは、R231で北上しました。石狩市あたりで漸く雨があがり、空模様も良い感じになってきました。
  おまけに走っていて実に楽しいんです。だいたい よえKm/h目安で走れます。今回Androidアプリ"オービス警報"を動作させており、これを全面的に信用してのスピード設定です。
でも、私を抜いていく方々も結構おいでます。
 私の思い込みだったのですが、北海道は”セイコマ”と”ホクレン”だらけなんだと思っていました。”セイコマ”は良く見かけますが、”ホクレン”は殆ど見かけませんでした。
 で、留萌に入って、そろそろ給油しておきたいなと思い、ネットでセイコマを検索すると、R231からも少し入った所に見つけました。
 ようやく1本目のフラッグGetです。今年はワンピースの図柄です。ただ、\150/本もします。
10:12 三毛別羆事件跡地

Imgp7127_r Imgp7126_r Imgp7123_r

 留萌郡小平町の”すみれ”といお店で”うに丼”を食べようと思ってたのですが、ここに到着したのが、9:38AM。開店が11:00AMなのでチョット待つ気にはなりません。
 そこで、お店から36Kmのポイント”三毛別羆事件跡地”。北海道の走行ペースを体感した私は、この往復72Kmを1時間で行けるのではないかと考えたのです。
 ”三毛別羆事件跡地”は、道道1049を南下するのですが、交通量も少なく快走(よえKm/h)出来ました。ただ、到着直前の100mくらいがダートでした。ただ、しまったダートだったので思い切って侵入しました。
 で、”三毛別羆事件跡地”とはこんなところです。羆、とてつもなくでかいです。
11:00  じょぐら
 ”三毛別羆事件跡地”から”すみれ”に引き返し、私の予定通り、10:55AMに戻ってきました。と、ところが、お店の前には既に20人くらいの行列です。
 考えるまでも無く、諦めました。
 しかし、私の胃袋は既に”うに丼”を待っています。少し、北に走ると”うに丼”の看板が目に、いや胃袋に入ってきました。
 頂きました。\3,000もしたんです。むらさきウニだそうです。美味しくないわけがありません。

Imgp7133_r Imgp7128_r Imgp7129_r

13:05 オトンルイ風力発電所
 道の駅てしおで休憩し、オトンルイ風力発電所に到着です。よく雑誌などでみかけるやつです。良い感じです。
 でも、電柱が邪魔なんです。少し近くまで行けると良いんでしょうね。

Imgp7138_r Imgp7140_r

13:18 北緯45度モニュメント

Imgp7145_r Imgp7147_r Imgp7146_r

13:30 サロベツ湿原センター

Imgp7150_r

 花は咲いてませんでした。
 でも、暑かったのでソフトクリーム[メロン](\300)を頂きました。
 メロンソーダに代表されるようにメロンものは緑色が普通です。でも良く考えてみると、緑色は皮の部分ですよね。ここのメロンソフトは、オレンジと黄色の中間の色、つまりメロンの美味しい部分の色なのです。

Imgp7149_r

 味もとってもメロンなんです。これは、かなりお勧めです。
 この美味しいメロンソフトを堪能していると、私のバイクの近くに怪しい人影が・・・。あれ!、Hりかわさんです。そうです。昨晩(7/19)フェリーで少しお話させて頂いた方です。”また縁があったら会いましょう”と朝ご挨拶してたんですが、ご縁があったようです。
 二人でノシャップ岬まで一緒に走りましょうとここを出たのが15:50。ここで2時間もお話してたことになります。もっとも、途中で兵庫県から125ccのバイクで2週間の北海道を楽しんでいるおじさんも加わり、3人で喋ってました。バイク好きなオッサン3人。初対面でもよくしゃべります。

Imgp7151_r Imgp7152_r

15:59 まっすぐでなが~い道
 本当に真っ直ぐです。利尻富士はイマイチかすんでますが見えることは見えます。

Imgp7154_r Imgp7156_r Imgp7157_r Imgp7158_r

16:36 ノシャップ岬

Imgp7162_r

17:18 稚内港北防波堤ドーム
 Hりかわさんはノシャップ岬近くでテント泊との事、岬でお別れし、私は稚内の市街地に向かいました。稚内港北防波堤ドームに到着です。

Imgp7167_r Imgp7168_r Imgp7169_r

17:32 稚内サンホテル」

Imgp7173_r

 今宵のお宿に到着。
enter
 直ぐに食事に出掛けました。
enter
 流石に三連休の中日。
 ホテルでここは良いですよと聞いた"竹ちゃん"。
 18:00だというのに、もう満員で10分程度待って着座です。
 生中と焼き魚定食(\2,268)。
enter
 ランチのうに丼があるので、相当なエンゲル係数です。

Imgp7178_r Imgp7177_r Imgp7175_r

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/18 VFRソロツーリング to 北海道2015(1/8)

走行前:44,494Km
走行後:44,816Km[322Km]

Imgp7057_r

 今回の旅を始めるにあたって、思う所を記しておくことにします。
 私は、なんでも理由をこじつけるのが好きなんです。その理由によって行為を正当化しています。
 先ず、”今、何故北海道か?”理由は以下の3点です。
(1)ライダーとして一度は訪れるべき場所(ライダーの聖地)であること。
 二十歳の時、車で訪れた事がありますが、その時は道南のみ。
 また、昨年九州ツーを敢行。日本列島4島の中でバイクで上陸していないのは北海道だけ。
(2)そこそこ健康であること
 年齢的には既に50代後半だが、特に大きな病気を抱えているわけでも無く、普通に元気。
 そこそこ元気なうちに行っておきたい。
(3)経済的に少しだけゆとりがあること
 二人娘もこの春からは社会人。学費支出が"\0"。
 今回の旅の目的地候補はいろいろあります。ただ、目標はただ一つだけはっきりしています。それは、
 元気に帰宅すること
  行きたい場所はいろいろありますが、兎に角無事に元気に帰宅することが目標です。
05:02 自宅を出発

Imgp7049_r

Imgp7050_r 4:05AMに起床。近ごろお気に入りの”千代ちゃんおかゆ”に出汁と卵をいれた朝食をつくり、出発準備も完了しました。
 外はというと走ることが厭になるほどでは無いものの、やっぱり予報通り雨でした。
 台風11号が昨晩(7/7)温帯低気圧になってくれたおかげで、特に問題無く出航するであろう新日本海フェリーの新潟港フェリーターミナルに向かって出発です。
06:31 北陸自動車道 名立谷浜S.A.(下り)
 ほぼ中間を少し過ぎたので、休憩です、一服&トイレ&給油をしました。
 自宅を出発してから、ずっと雨です。特に強くなったり弱くなったりもせず。途中、糸魚川を過ぎたあたりから、雨が止みました。乾いた路面もありました。
08:49 新潟港フェリーターミナル

Imgp7056_r

 順調に予定通りに高速走行していたのですが長岡JCTでやっちゃいました。
 もうすぐ分岐の看板を見ていながら、すこしぼぉうとしていたのか、長岡方面へ行っちゃいました。直ぐに長岡I.C.で乗りなおして事なきをえました。
 フェリーターミナルの直前で、ガソリン給油&コンビニ弁当を調達しました。
 フェリーターミナルには、出航の90分前にお越しくださいとなっていたので、10分前に到着です。既に多くの、おそらく100台近くのバイクが集まってました。どうやら私は最後のほうだったようです。
 9:00過ぎにはバイクの乗船開始。私もすんなり乗り込みました・・・・が、私の隣に停めた奴にやられましたbearing。サイドスタンドを半端に出して、私側に倒れ込んで来たのです。双方のパニアケースがあたり、損害は少なかったのですが、私の白のパニアに相手の黒色がついてました。拭き取ればとれるくらいだったので、旅のスタートだし、ごねてもなんなので、許してあげました。
 船内に入ると、直ぐに着替えてお風呂を頂きました。そのあとで船内探索、そして昼食、午睡、ミニコンサート鑑賞、夕食、ブログの起稿などで過ごしました。

Imgp7085_r Imgp7079_r Imgp7076_r Imgp7090_r

Imgp7070_r Imgp7071_r Imgp7060_r Imgp7061_r

Imgp7059_r Imgp7088_r

Imgp7048

 それから、夕食後白山市のHりかわさんとお話をしました。なんでも7~8回目の渡道らしく、いろんな参考情報を教えて頂きました。そして、私のブロガー名刺授与第一号となられました。”パチパチパチ・・・”
 これから一眠りすれば、いよいよ北の大地です。
 楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying..

2015/07/11 VFR タイヤ交換&オイル交換

走行前:44,334Km
走行後:44,494Km[160Km]

Imgp7033_r

 次週の渡道に備えて、VFRのタイヤとオイル交換をしました。
 なにに、何故160Kmも走ってるのか不思議でしょ。あんまり天気が良かったので、6:00AMには自宅を出発、能登島経由でバイク屋さん(きゃぷてん)まで行ったのです。
[タイヤ交換]
今回タイヤ交換        2015/07/11 Odo=44,471K

Imgp7034_r

前回タイヤ交換(Front) 2014/05/24 Odo=31,299K
MICHELIN PILOT ROAD2 120/70ZR17 M/C (58W) TL
↓走行距離:13,172Km
MICHELIN PILOT ROAD4 GT 120/70ZR17 M/C (58W) TL
enter
 も少しでスリップサインが出てきそうだったので、なんとか妥当な交換でしょう。
enter
enter

Imgp7036_r

前回タイヤ交換(Rear ) 2014/07/26 Odo=33,636K
MICHELIN PILOT ROAD4 GT 190/55ZR17 M/C TL
↓走行距離:10,835Km
MICHELIN PILOT ROAD4 GT 190/55ZR17 M/C TL
enter
まだまだゆとりがありましたが、3,000Kmを超える走行距離を考え、思い切って交換です。
enter
enter

Dsc_0219_r

今回初めて、タイヤをネットで購入。バイク屋さんに直接発送してもらいました。
JAF MATEという小雑誌が送られてくるのですが、何気なく見てると、バイクブロスが通常価格の10%引きになる特典を見つけたんです。10%引きだったら結構安いんだろうと直ぐにポチッと。値段は以下の通りです。
 持ち込みの場合、工賃が割り増しですが、少しだけお得だったような気がします。
enter
PILOT ROAD4 GT 120/70ZR17 \17,236
フロント交換工賃              \ 9,504
PILOT ROAD4 GT 190/55ZR17 \26,146
リア交換工賃              \11,232
廃タイヤ処理費用          \   864
-------------------------------------------------------------
  合計            :\65,082

Imgp7041_r_3

Imgp7042_r_4


[オイル交換]


交換時オドメータ 44,471Km
走行距離/前回交換 4,995Km/39,476Km
エンジンオイル SL10W-40 3.6L × \1,782/L \6,415
廃油処理費 \648
出精値引き \-63
合計 \7,000

11:55 自宅に到着
   gasstation給油 オイルプウラザD1gasstation
    8.85L \1,354(\153.0/l)17.6km/l(155.8Km/8.85L)
にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2015/07/05 VFR チームツーリング to 南越前町・花はす公園

走行前:44,055Km
走行後:44,334Km[279Km]
 象鼻杯(ぞうびはい)って、ご存知ですかsign02
 ググってみると、”ハスを茎の途中で切り落とし、そのハスを用いて葉に酒などの飲み物を注ぎ反対側の茎の切り口の部分から葉に注いだ酒などを飲むものである”。
 少し前の事ですが、バイク仲間のかぢチャンが是非行ってみようと言うので、"はすまつり(南越前町)で象鼻杯(ぞうびはい)をいただきまツー"を企画しました。
 怪しいお天気の割には大層な人出、賑わっていましたhappy01
09:02 自宅を出発
 季節は梅雨。天候の気になる季節です。案の定、Yahoo!天気予報とWheatherNewsの予報が異なり、昨晩22:00の最終通知まで悩みに悩みました。
 結論は、Yahoo!天気予報の曇り予報を信じ、集合時間を1時間ほど遅らせ、決行と決めました。
 起床すると、曇り空ではあるけれど、なんとか持ちそうな空模様。
 10:00AM集合ポイントまで、少し早目でしたが09:02AMに自宅を出発しました。
 先ずは、給油。
   gasstation給油 JA石川かほく 津幡SSgasstation
    5.85L \  883(\151.0/l) 17.8km/l(104.0Km/5.85L)
09:49 北陸自動車道 尼御前S.A.(上り)

Imgp6997_r

Imgp6999_r_2

 尼御前S.A.到着直前に、でむでむさん、きりやまさんが後方より追い付いてきました。
 到着して、暫くするとKAZUチンさんも登場し、この集合場所に集まるメンバーが揃いました。
 
 きりやまさんのニューガジェットであるBluetooth1インカム(SENA 20S)の自慢を一通り拝聴し、10:10AMに出発です。
10:22 北陸自動車道 女形谷P.A.(上り)

Imgp7000_r

 P.A.にはいると、丁度、かぢチャンが入ってきました。珍しくジャストインタイムです。
 これで、本日の5台が揃いました。
 かぢチャンに簡単に今日のルートを説明し、直ぐに南条S.A.に向かいました。
10:56 南越前町・花はす公園
 相当手前から路駐の車が一杯だったので、これはとんでもない所へ来てしまったなぁと思ったのですが、駐車場まで行くと、少し駐車スペースも空いていたし、我々はかなり良い場所に停めさせて貰えました。
 色とりどりのはすの華が咲いています。パンフレットによると、百三十種ものはすがあるようです。
 さっそく、象鼻杯の会場へ行きました。飲料は、はすジュース、ワイン、日本酒などがおいてあり、選べます。我々はライダーなので、全員がはすジュースをチョイス。とっても美味しかったです。茎を口に咥えて吸い込むのですが、結構空気も入ってきます。

Work132

 この後は、はすの華の撮影。そして、暑かったのでソフトクリームも頂きました。

Img_0453_r Img_0454_r

Img_0456_r Img_0474_r

Img_0483_r Img_0490

Img_0497_r Img_0501_r

 12:08に出発。
12:22 まる金そば

Imgp7008_r

Imgp7005_r

 かぢチャンが、ランチ候補としてボルガライスorそばを企画してくれてました。
 我々おじさんは、ボルガライスだと重いので、そばにしようという事になり、”まる金そば”に連れてって貰いました。
 私は、”おろしそば 大(\800)”を注文。だいこんの辛みが喉にきました。
 13:36に出発。
14:10 一乗滝
 ここは、私は2回目かな。
 マイナスイオンをたっぷり浴びました。

Imgp7014_r Imgp7015_r Imgp7016_r Imgp7012_r

 14:35に出発。
14:41 一乗谷朝倉氏遺跡
 初めての人の為に、門の前で集合写真。

Imgp7023

 15:00に出発。
15:36 道の駅 山中温泉ゆけむり健康村
 永平寺→丸岡から山中温泉に到着です。
 ここで解散し、16:07に出発です。
17:15 自宅に到着
 山中温泉を出て、片山津I.C.で北陸自動車道に乗り帰ってきました。
 帰宅直前に給油。
   gasstation給油 JA石川かほく 津幡SSgasstation
   14.53L \2,194(\151.0/l)18.8km/l(272.6Km/14.53L)
 結局、雨には全然当たりませんでした。
 梅雨の晴れ間に、綺麗なはす花。楽しめましたsmile

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ村 パーツ