ほっと、バイク !/!!

フォト
無料ブログはココログ

バイク屋さん

BLOG Parts

最近のトラックバック

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/31 VFR朝駆け to 能登島

走行前:54,898Km
走行後:55,053Km[155Km]
 今日は久しぶりに朝駆けしてきました。
 過去のブログを見かえすと、"2016/06/11 VFRデュオツーリング to 高山・宇津江四十八滝"以来、VFRに乗ってません。
 今日を逃せば、7月中はVFRに乗ってないことになります。
 で、涼しい早朝、朝駆けに能登島迄行って来ました。
05:52 自宅を出発
06:08 トトロ・能登サンセットライン

Img_1781

  最近ネットや新聞などで良く見かける奴です。宝達志水町の山崎地区です。
 私がめらけんロードと呼んでた大規模農道なんですが、今は”能登サンセットライン”とい名前が付いてるようです。最近気づきました。その能登サンセットラインのすご傍にあります。

Img_1774 Img_1773 Img_1776 Img_1775 Img_1777

 10分くらい撮影し、06:19にここを出発。
07:09 長浦うるおい公園

Dsc02986

 いつものルートで、能登島のツインブリッジが見える公園に到着です。
 何回も行ってますが、今日初めて”長浦うるおい公園”という所なんだと気づきました。
  ここまでは、30℃以下です。
 24℃~28℃でした。
 07:31に出発です。

08:27 自宅に到着
 08:00AMをまわると30℃を越えてきました。これ以上は乗ってられません。
 帰宅直前、いつものGSでガソリン補給。
   gasstation給油 加賀谷商事㈱ D1セルフgasstation
    9.38L \1,182(\126.0/L)16.4km/l(154.1Km/9.38L)

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/30 MD36チームツーリング to 奥越林道+α

走行前:14,859Km
走行後:14,864Km[5Km 7/29にGSへ往復]
走行前:14,864Km
走行後:14,953Km[89Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Dsc02973

 今日は、福井のYしださんにお世話頂き、奥越林道+αの林道ツーリングに出掛けて来ました。
 いやぁあ・・・、それにしても、草臥れました。暑さの汗と冷汗で2L以上は汗をかいたでしょう。
 今年になって、これだけ疲れたのは初めてだと思います。良く考えればm疲れる事が出来るまでに、心身が復活しているという事でしょう。
07:30 自宅を出発
 北陸自動車道 金沢森本インターへ向かいます。
09:00 ファミマ 大野インター店

Dsc02957

  北陸自動車道を福井北J.C.T.で中部縦貫道で大野市に向かいました。
 中部縦貫道を降りたところでコンビニへIn。本日のランチを調達しました。



09:30 JR西日本 九頭竜線 勝原駅
 集合場所に到着です。Yまざきさん、かぢチャン既に到着してました。集合時間が10:00AMだったので、珍しく早いです。
 駅前よりも勝原園地の駐車場の方が良いということで、そちらに各自のトランポを移動、林道ツーの準備開始です。

1469885756636

 ここで、本日の1stアクシデント。なんと、XR230のイグニッションがONになってて、ヘッドライトが付きっぱなしです。
 慌ててセルを回そうとすると・・・、”カッ”というだけ。Yまざきさんに押してもらいました。大変申し訳ありませんでした。

Dsc02961

 準備が終わり、勝原駅に行くと、Tもださん(SEROW225)、Kばやしさん(XLR250BAJA)も現着済みでした。
 最後にYしださん(SEROW250)も参集し、簡単なミーティング後、10:28に出発です。


10:46 奥越林道
 勝原駅からr173で、鳩ケ湯温泉へ行くように北上していきます。下打波地区で右折して奥越林道へ入ります。入口には、銘板があったようですが、写真を撮り忘れました。
 ここは、ところどころにコンクリート舗装やアスファルト舗装になってますが、和泉スキー場の近くまでの8割方ダートの約25Kmくらいの長い林道です。雰囲気的には、牛首林道に近いでしょう。

Dsc02962 Dsc02964 Dsc02965 Dsc02968

 路面はフラットで、とても楽しく走れました。あのかぢチャンも、このフラットを堪能してたようです。ご機嫌でした。ここまでは・・・。
12:12 毘沙門岳西側の林道
 奥越林道を完走し、r127を少しだけ石徹白方向へ走ります。石徹白ダムから3Kmほど行ったところで右折。橋を渡って、南東方向に登ります。
 奥越林道は、ジャリフラットでしたが、ここは赤土林道です。良い塩梅にガレてる場所もあり、なかなか楽しめました。
 少しだけ眺望の有る場所に着いたので、ここでランチです。

Dsc02969 Dsc02970 Dsc02971

 Yしださんが誕生日と言うことも有り、かぢチャンがパウンドケーキを焼いてきてくれて、皆に振舞ってくれました。久々のような気がします。とても、美味しく頂きました。
 と、ここまでは、道良し、飯良し、天気良し。良い感じだったんです・・・。
 各人持ってきたお弁当とパウンドケーキを食し、Yしださんを先導に12:38に出発です。

Dsc02974

Dsc02972

 分岐が一杯あります。
 それに加え、ガレ場有り、藪漕ぎ有り。藪の中からレアなポケモンでも出てくりゃ良いのですが、トゲトゲの岩なんかあったらこっちがぶっ飛びますから、超慎重に進みました。
 行き止り(崩落、道無)で3回のピストン。私も1回、転倒したし、他の人もやってましたね。かぢチャンとかは、10回くらい転倒したとか言ってました。結局は来た道を戻りました。

1469885777806 1469885780893 1469885785596 1469885790015

Dsc02975

 下山中は、両手両足が攣りそうになったので、スタンディングしたり手を振ったりしながら降りてきました。




15:42 道の駅 九頭竜

Dsc02977

Dsc02978

 毘沙門岳西側の林道から降りた後は、r173で道の駅九頭竜まで行きました。
 ここで、ソフトクリームを頂き、疲れを癒します。
 久しぶりに来たような気がします。恐竜に少しだけソフトを分けてあげました。
 空模様も怪しくなってきたので、16:07にここを出発。
 TもださんとKばやしさんは、そこで解散です。私たち4名はトランポを駐車した勝原園地を目指します。
16:23 勝原園地
  道の駅から勝原園地へ向かう道中、雨にやられました。ただ、レインウェアを着るほどでもなかったので、そのまま走りました。
 各自バイクを積載、Yまざきさんはそこから帰りましたが、Yしださん、かぢチャン、私の3名は車で、少し九頭竜方向に戻って、九頭竜温泉平成の湯へ向かいました。

Dsc02980

Dsc02979_2

 この温泉の前も良く通りかかりますが、入浴したことが有りませんでした。

 フロントへ行くと、男湯は満員で少し待って欲しいとの事。入浴券を購入(\600)し、かぢチャンを見送って直ぐに、OKサインが出ました。
 弱アルカリ性で、ニュルニュル系です。内風呂と露天が有り、新しくてなかなか良いお湯でした。
 18:14にここを出発、帰路に就きました。来た道を戻る形で、中部縦貫道を福井北J.C.Tへ向かいます。
19:22 北陸自動車道 尼御前S.A.

Dsc02982

 お腹が減ると、右上腹部に違和感があるので、軽くうどんでもと思い、尼御前S.A.に立ち寄りました。
 海老天うどん(\780)を食べながら、ポケモンGOを立ち上げると、案の定ポケストップがあり、誰かがルアーモジュールを使っているのか、ポケモンがウジャウジャ出現してました。

Screenshot_20160730193426

良く見ると、中には超レアな”ピカチュウ”が居るではありませんかsign03
 当然、捕獲です。

 その他にも、、私が持っていないポケモンがいっぱいいたので、捕獲に精を出しました。 
 14匹くらいGetしました。
 30分くらいポケモンGOに精を出し、20:08にここを出発。



20:46 自宅に到着

 へとへとに疲れはしましたが、無事に帰還し、最後は良いお湯に浸かって面白かったです。
 最後になりましたが、案内して頂いたYしださん、そしてご一緒させて頂いた、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/23 北海道ツーリング2016 ふりかえり

[NV200]
走行前:34,770Km
走行後:37,965Km[3,195Km]
[MD36]
走行前:14,555Km
走行後:14,859Km[304Km]
NV200 3,195Km
MD36(XR230)   304Km
-----------------------
 3,499Km
 先週日曜(7/17)に、八泊九日四脚六輪の旅から帰って参りました。
 7/18の海の日は完全休養出来たので、今週のお仕事もつつがなくこなすことが出来ました。
 で、今日はあんまりにも暑いので、”北海道ツー2016 ふりかえり”です。
【旅の足跡】
 今回は、車(NV200)、バイク(XR230)、船舶を色分けしました。


【ふりかえり】
Keep(良かった点)
(K1)8泊9日で車(NV200):3,195Km、バイク(XR230):304Km、計3,499Km。昨年は7泊8日バイク(VFR)オンリーで、3,388Kmなので、100Kmチョット多く走ったことになります。流石に北海道、車でもバイクに遜色ない距離が稼げます。
(K2)ちょっとした林道をオフ車(XR230)で走るのはとても楽しかった。人里離れていない場所を選んだせいかもしれないが、今回走った林道は全てがフラット。とても走りやすかった。
(K3)ブログのアップは、ルート図とその日を代表する写真だけに絞ったのは正解だった。フルに書こうとすると、体力的にもきついし、睡眠時間が削られる。
(K4)バイクと違って車での移動は天候があまり気にならない。だからと言って、これからは全て車で出かけるということではない。バイクはバイクで楽しいので。
(K5)昨年撮り逃した、紋別のカニの爪・カムイワッカ湯の滝・羆・さくらの滝・霧多布 は全ておさえる事が出来た。
(K6)昨年に引き続き、今回も違反キップゼロ
(K7)新日本海フェリー 夏旅GOGO割で新潟→小樽の運賃が割引となり▲\6,990(\40,940→\33,950)もお得。年齢証明の為の乗船手続きは必要なものの、これは次回以降も利用すべし。
(K8)津軽海峡フェリー インターネット予約割引で▲\2,670(\26,850→\24,180)お得。これも次回以降利用すべし。
(K9)道内では一日おきに宿を予約、予約の無い日は基本車中泊と計画しました。行先の天気予報を見て、車中泊場所を調整、又は宿に変更できたので、この作戦は正解。
(K10)ホクレンフラッグ全色コンプリート。昨年はぜっとわんさんの助けを借りてのコンプリートでしたが、今年は自力です。ただ、車で給油してフラッグを買っているので、一部のホクレンGSでは、訝しがられました。
Problem(残念だった点)
(P1)今回走行した林道はフラットでとても楽しかったが、ソロでの林道走行はやはり怖い。転倒による怪我、マシン不調、羆の不安からは逃れられない。今後はソロでの林道ツーは一考が必要。
(P2)道内での初モノは殆ど楽しめたが、釧路湿原はイマイチ。楽しみ方を研究する必要有。
(P3)バイク(XR230)を降ろしての寝床作り、寝床を片付けてのバイク積込みはやはり面倒。特に雨の日は大変。
(P4)道の駅での車中泊では、降ろしたバイク(XR230)の置き方が問題。駐車枠一枠には入らないし、二枠とるのは他の方に迷惑。今回は車の傍の歩道みたいな所とか、二輪用の駐輪場とかに停めた。

Try(今後挑戦したい事)
(T1)北海道ツーリング時のバイクの車種について、やっぱりミドルアドベンチャーなんじゃないかと思い始めた。本格的に山間部に入らない限りは、ミドルアドベンチャーであれば走破出来るのでは?
(T2)ハイブリッドツーリングで他のロケーションも考えてみたい。
【費用分析】
 昨年は、七泊八日(1人)で\147,716。今回は、八泊九日(2人)で\256,052です。も少し低コストにならないかなと思いましたが、なにしろ勤続35年記念です。まぁこんなもんでしょうhappy01

2016_1827_image003

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/17 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(9/9)

[NV200]
走行前:37,374Km
走行後:37,965Km[591Km]
[MD36]
走行前:14,859Km
走行後:14,859Km[0Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Dsc02950 Dsc02952

 この旅、いよいよ最終日です。
 秋田からの600Km。ひたすら自宅に向かいます。
 そう言えば、渡道初日に600Km越えを経験済みです。今日は、殆ど高速なのでもっと楽でしょう。
07:00 朝食バイキング

Dsc02940

 6:45AMから1Fのレストランで朝食バイキングが始まるのですが、その時間に行ってみると、大行列。どうやら、女子中学生のバスケットボール部、男子中学生の柔道部がわんさか居ます。何もかも食べつくしてしまいそうな勢いです。ただ、回転も速く、07:00には我々も頂くことが出来ました。
 7:42AMにここを出発。
09:21 十六羅漢岩
 天気が良ければ鳥海山ブルーラインのリベンジを考えていましたが、生憎の天候で返り討ちに会いそうだったのでパス。
 R7を南下していると、"十六羅漢岩"なる看板が目に入りました。
 これは面白そうだと思い、立寄る事にしました。
 海岸の岩に羅漢像を彫ってあるんです。宝さがしみたいで、羅漢を探すのが意外にはまります。
 十六羅漢という名前ですが、二十二羅漢ありました。

Img_1717 Img_1718 Img_1720 Img_1721 Img_1722 Img_1725 Img_1726 Img_1727 Img_1728

10:59 道の駅あつみ しゃりん

Dsc02948_2

Dsc02947

 ここでは良く昼飯を食べます。

 私が、口細カレイ(\1,300)、女房がほっけの焼き魚定食(\800)です。カレイ、とっても大きかったです。
 いつも、とても美味しいんです。
 11:54にここを出発。
18:04 自宅に到着
 無事帰宅しました。
 四脚六輪の旅、無事終了です。だいたい予定していたイベントがこなしたし、大満足の旅でした。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/16 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(8/9)

[NV200]
走行前:37,129Km
走行後:37,374Km[245Km]
[MD36]
走行前:14,837Km
走行後:14,859Km[22Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

_mg_1628

 道内七日目です。いよいよ、今日の7:40AMのフェリーで北海道を離れます。
04:14 函館 金森赤レンガ倉庫群
 いつものように早起きして、函館の街を撮ってきました。

_mg_1615 _mg_1627 Img_1637 Img_1644 Img_1646 Img_1647 Img_1660 Img_1654

Dsc02870

Dsc02867_2

 一通り撮影を済ませホテルに戻って来ると、朝市が営業してたので女房を呼び出し、朝食を一緒に食べました。

 小さめの海鮮丼で うに&いくら&いか の3種盛りをオーダー。

 当たり前ですが、美味い!!
06:40 津軽海峡フェリー ブルードルフィン

Dsc02874

Dsc02877

 フェリーターミナルに行くと、スマートチェックインというのが有り、スマホにQRコードを表示させ読み取ると乗船手続きが出来るんです。
 チケットが自動で出てきます。
 07:40出港なんですが、07:00頃乗船開始です。
  乗船後、青森・秋田の天気予報を確認しましたが、午後から明日にかけて、天気が良くありません。なので、車中泊の予定を急遽ホテル泊に変更しました。
 3時間40分の船旅ですが、今回はスタンダードなので、床に転がって結構眠りました。
11:43 丸亀製麺新青森店

Dsc02884

Dsc02885

 予定通り青森港に入港。丁度お昼だったので、丸亀製麺新青森店でランチです。私がばら焼うどん、女房が釜たまうどんです。安定した味です。
 12:03にここを出発。
13:42 津軽岩木スカイライン

Dsc02896

 絶景道とかで良く出てくる道で、一度走りたいと思っていました。
  弘前城→津軽岩木スカイラインという順序で考えて居たのですが、天候が怪しいので先に津軽岩木スカイラインへ行きました。
 嶽温泉 嶽ホテルの駐車場に車を停め、バイクを降ろします。おじいさんは山のクネクネへ、おばあさんは温泉に浸かりに出かけました。
 
 「津軽富士」と呼ばれ、古くから人々に親しまれてきた岩木山です。その麓から8合目までを結ぶ全長9.8Km、69カーブのクネクネ道。VFRでも全然大丈夫ですが、今日はXR230なので、全然楽ちんです。
 通行料金が普通自動車\1,800、二輪自動車\1,000とお高いです。JAF会員割引で二輪自動車\800となります。

Dsc02891 Dsc02893 Dsc02900 Dsc02898

14:15 嶽温泉(だけおんせん) 嶽ホテル

Dsc02910

 入浴料金\500。内風呂/外風呂共にヒバ風呂です。
 私が、津軽岩木スカイラインに登っている間、女房は嶽ホテルで入浴中でした。
 私も、下山後急いでこの温泉に浸かりました。
 白く濁った硫黄臭のある酸性のお湯です。私の好みのお湯です。良いお湯でした。

Dsc02905 Dsc02906

 15:00にここを出発。
15:32 弘前城
 昨年、本丸東面の石垣修理工事に伴い、天守を約70m本丸の内側へと曳屋する工事が行われました。
 今は仮住まいで、10年後、石垣修理の後で、元の位置に戻るそうです。
 仮住まいに鎮座されてるせいか、こじんまりとした天守です。

Img_1696 Img_1697 Img_1699 Dsc02919

 16:27にここを出発。一路秋田市を目指します。
19:34 男鹿総合観光案内所

Dsc02934

Dsc02936

 二体のなまはげ巨像が立っているところです。
 もう暗かったので、巨大なまはげはライトアップされており、迫力が倍増です。
 親切なカップルが既に撮影されており、シャッターを押して頂きました。
20:04 ルートイン秋田土崎
 この旅最後のお宿です。外は雨模様ですが、ホテルなのですやすや眠りました。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/15 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(7/9)

[NV200]
走行前:36,694Km
走行後:37,129Km[435Km]
[MD36]
走行前:14,837Km
走行後:14,837Km[0Km]

_mg_1602

 今日は、連泊した富良野を離れ、人生初訪問となる函館に向かいます。
4:00 起床
 キャンプ場の傍が高台になっています。
 今日も今日とて早起きのおじさんは、デジイチを持ってその高台に登りました。
 朝日をとらえる為です。ぼちぼちと、同じ目的のおじさんたちがやって来ましたが、朝日は十勝連峰からは上らず、ずっと北の方から上って来ました。
 ですが、朝日に映える十勝連峰の姿は美しく、なかなか綺麗でした。

Img_1515 Img_1519 Img_1523 Img_1528

4:56 朝食
 美瑛選果で買っといたパン、じゃがマッシュ(粉末マッシュポテト)、がぼちゃスープ、コーヒーで朝食を頂きました。じゃがマッシュ、結構いけてました。

Dsc02787 Dsc02791 Dsc02797 Dsc02798

 寝床の後片付け、バイクの積載を済ませ7:02に函館に向けて出発。
11:20 道央自動車道 八雲P.A.(ハイウェイオアシス「噴火湾パノラマパーク」)
 ここでランチです。
 私はビーフカレー、女房は山菜蕎麦。そして、白い恋人ソフトクリームを二人で分け合いました。

Dsc02807 Dsc02805 Dsc02806 Dsc02804

 11:52にここを出発。
12:17 函館本線 森駅
 昼食時、ライダーのバイブルと言われるツーリングマップルを眺めていると、近くに森駅という駅が有り、いかめしの駅弁発祥の地というのを見つけました。
 昼食後、早速森駅まで走り、早速売店で買いました(\580)。駅前に製造元の柴田商店があり、ここでも買えるのですが、駅弁は駅で購入に拘りました。
 シンプルなお味で、美味しかったです。

Dsc02809 Dsc02810 Dsc02813 Dsc02817

13:38 五稜郭
 明治二年、明治新政府軍と旧幕府脱走軍が戦った箱館戦争の舞台となったところです。
 先ずは徒歩で一周、その後、五稜郭タワーに上り眼下に五稜郭を眺めました。
 一つ残念だったのは、五稜郭の全容がカメラにおさまらない事。ガラスの枠が邪魔をしてるんです。広角が欲しくなりました。

Dsc02819 Dsc02822 Dsc02826 Img_1542 Img_1547 Img_1560 Img_1563 Img_1554

 今夜のお宿、ホテルニューオーテに向かいます。
17:56 函館山
 一旦ホテル ニューオーテに荷物を置いてシャワーを浴び、17:30函館駅前初の函館山登山バスに向かいます。
 17:15頃、バス停に着いたのですが、既に長蛇の列。結局座れませんでした。
 
 函館山展望台に到着すると、すぐにレストラン・ジェノバに行きました。やっぱり記名ノートに待人多数でした。
 

Dsc02852

 お金持ちの用意周到な人たちは、窓際席を予約してコース料理の堪能しながら、夜景も堪能しているようです。
 眼もお腹も一杯になるんでしょう。
 お金の無い行き当たりばったりの私たちのような人は、彼らの姿を羨ましく見ながら、さっさと食事を済ませ、展望ポイントに向かいます。

Dsc02854 Dsc02855 Dsc02857

_mg_1579

 と、ところが、展望ポイントに行ってみると、超沢山の人たち(それも大陸の方が殆ど)にほぼ占拠されています。
 気の小さい私が後方で腕を情報に上げてカメラを構えていると、すぐ後ろの大陸の女性が私を押して来ます。その圧力に押されて私も少しずつ前へ押し出され、気が付くと3列目まで出てました。その時大陸の女性は、な、なんと2列目に居ました。

_mg_1608 _mg_1602

 もう、いいかげん厭になったので、この雑踏を離れ、下山バスに向かいました。20分ほど待って、2台目のバスに乗れたので、まあ、良い時間に引き上げたという事でしょう。
20:50 ホテルニューオーテ
 函館駅前でバスを降り、ホテルまでの帰り道、コンビニで朝食を調達です。
 今日も早めに就寝です。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/14 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(6/9)

[NV200]
走行前:36,599Km
走行後:36,694Km[95Km]
[MD36]
走行前:14,789Km
走行後:14,837Km[48Km]

Img_1501

 道内五日目です。
 美瑛・富良野は今日も好天。おまけに、ホテル泊なので元気です。
05:34 布礼別川林道

Dsc02728

Dsc02729

 恒例化してきた朝飯前の林道ツー。
 昨晩、ツーリングマップで目をつけた”布礼別川林道”へ行って来ました。
ホテルからは。7Kmくらいの所にあります。
 5:00AM頃には車からバイクを降ろし始め、05:26AMにホテルを出発しました。
 入り口のこんな感じです。やっぱり、フラットです。ツーリングマップルによると、距離は9.2Kmです。どんどん進んでいっても、やっぱりフラットです。
06:03 ふらのジャム園・麓郷(ろくごう)展望台

Dsc02730

Dsc02732

 布礼別川林道を抜けるとちょうど”北の国から”関連の施設です。”拾ってきた家”、”五郎の石の家”等は早朝などで営業してません。
 ふらのジャム園から麓郷(ろくごう)展望台へ行きました。

Dsc02737 Dsc02738 Dsc02740 Dsc02743

 撮影後、6:11AMにホテルへ向かいました。
08:55 フラノマルシェ

Dsc02751

Dsc02754

 いつものように、昨晩コンビニで調達してあったサンドイッチなどで朝食を済ませ、フラノマルシェの9:00AM開店に合わせてホテルを出発しました。
 ここで、お土産を買って、富良野を早々に離れ、登別温泉あたりで温泉に浸かってから、なるだけ函館に近づいての車中泊とか考えていました。
 ところが、天気予報では登別・函館共に今晩は雨模様です。それに引き替え、美瑛・富良野は明日までずっと好天。なので、急転直下、富良野での車中泊に決めました。
 女房がお土産購入してる間に、早速、日の出オートキャンプ場に電話しました。すると個別サイトは空いているとの事で、\4,000は必要でしたが予約しました。
10:30 ふくだめろん観光農園

Dsc02755

Dsc02757

 昨年に引き続き、ふくだめろんさんに立寄りました。
 半カット\400です。


 
11:16 パッチワークの路
 ケンとメリーの木、北西の丘展望公園、セブンスターの木、親子の木、マイルドセブンの丘に行きました。

Img_1478 Img_1484 Img_1485 Img_1488 Img_1490 Img_1495

Dsc02769

 お腹も減ってきたので、”丘のさんぽ道”というカフェでランチを頂きました。
私がオムライス、女房がナポリタンをオーダー、まあまあ美味しかったです。

Dsc02767 Dsc02768

 13:38にここを出発。新栄の丘展望公園に向かいます。
14:26 新栄の丘展望公園
 新栄の丘に行く前に、美瑛選果といJAのアンテナショップに少し立寄りました。お土産を数点調達しました。

Img_1498 Img_1499 Img_1505 Img_1503

15:52 日の出オートキャンプ場

Img_1506

 私たちのサイトは、入り口からもっとも離れたサイトです。共同の炊事場やトイレからも、離れていましたが、今朝の予約なので仕方ないですね。
 コテージもあれば、キャンピングカー専用サイト、私たちが利用した個別サイト、駐車スペースを使用した車中泊サイト、ごく普通のフリーサイト、いろんな種類のサイトが有り、とてもきれいなと事です。
 で、今日の晩飯はこれ。
 コンビニで買った、巻き寿司、茹でいか、チキンの串焼き、肉じゃが、そしてシュワッとした飲み物です。これだけで、十分美味しく頂けました。

Dsc02778_2 Dsc02780 Dsc02781 Dsc02782 Dsc02785 Dsc02784

Dsc02776

 あとはゆっくり車内泊用に荷室を準備して、早めに就寝です。









にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/13 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(5/9)

[NV200]
走行前:36,223Km
走行後:36,599Km[376Km]
[MD36]
走行前:14,734Km
走行後:14,789Km[55Km]

Img_1457

 道内四日目です。
 今日は、釧路湿原、富良野あたりを目指します。
04:00 起床

Dsc02678

Dsc02679

 今日も早いんです。そして良い天気です。
 車中泊してたのでバイクはもう降ろしてある為、出発準備も早いんです。4:26AM、女房が眠っている間の早朝林道ツーに出発です。

05:05 糸魚沢林道
 厚岸湖の周りを反時計回りに走りました。林道までは勿論舗装路です。寄り道しながら糸魚沢林道入り口に到着。
 全長15,450Km。ここも、超フラットです。ひょっとしたら、北海道にはガレてる林道なんて無いのではと思うくらいです。
 いろんな支線林道の誘惑を断ちながら北上し、5:31AMに終点です。
 ここから、R44に戻り、道の駅厚岸グルメパーク まで戻りました。到着したのは、5:41AMです。

Dsc02669 Dsc02670 Dsc02675 Dsc02676

06:25 朝食

Dsc02681

 前日仕込んであったサンドイッチなどを朝食として頂きます。
 7:12AMに釧路湿原に向けて出発。



08:20 釧路市湿原展望台

Img_1399

Img_1401

 釧路湿原は初めてだったので、\470の入館料を支払、入館しました・・・、が、そこまでの価値があるとは思えませんでした。
 8:52AM、そうそうに出発です。行先は富良野。

11:09 道の駅南ふらの
 道東自動車道をトマムI.C.で降り、R38で南富良野に到着です。
 多少時間が早いのですが、ランチにします。
 バタじゃが(\200)、みそラーメン(\750)、カットめろん(\300)、ゆでとうもろこし(\300)です。北海道を味わいます。
 それと、羆と仲良くなる練習もしときました。

Dsc02685 Dsc02686 Dsc02687 Dsc02683

12:39 ラベンダーファーム 富田
 車が一杯です。怪しい駐車場まで案内されました。
 ここも大陸の方々で溢れています。満開の一歩手前くらいでしょうか?

Img_1408 Img_1417 Img_1436 Img_1435

 13:46にここを出発。四季彩の丘へ向かいます。
14:09 四季彩の丘
 ここも大陸の方々で溢れています。
 馬ならぬトラクターでけん引した馬車みたいなもので園内を散策できますが、我々は徒歩で回りました。

Img_1441 Img_1456 Img_1459 Img_1465

  14:38にここを出発。
15:03 白金青い池

Img_1470 Img_1471 Img_1475

  15:19にここを出発。
15:40 十勝岳温泉 凌雲閣
 日帰り入浴\800と若干高め。高めなだけに、お風呂の中にはリンスインシャンプーとボディシャンプー完備です。
 茶褐色、いわゆる黄金の湯です。鉄分が多く含まれており、PH2.4と強い酸性のお湯です。良いお湯でした。

Dsc02713 Dsc02715 Dsc02717 Dsc02718

  16:32ここを出発。
17:15 ホテルサンフラトン

Dsc02719

 ホテルに到着です。駅にも近く、かなり都会です。
 ここは素泊まりなので、外へ食事に出掛けました。

17:53 くまげら
 私は鹿生姜焼き定食(\1,950)、女房が生姜焼き定食(\1,050)です。

Dsc02722 Dsc02723 Dsc02724

ここも、大陸からいらした方で満員です。富良野、乗っ取られてしまうかもしれません。

 このあと、ホテルへ戻り、早めの就寝。


にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/12 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(4/9)

[NV200]
走行前:35,983Km
走行後:36,223Km[240Km]
[MD36]
走行前:14,617Km
走行後:14,734Km[117Km]

shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Img_1233

 道内三日目です。

 今日は、屈斜路湖・摩周湖周辺をタンデム林道ツー。その後は、さくらの滝、神の子池、開陽台、霧多布あたりを目指します。

05:30 起床

 早く寝てるので、早く起きてしまいます。ちゃんとしたペンションに泊まってるのでもっと沢山寝てりゃ良いのに、おじさんは二度寝が苦手です。

 早速着替えて、宿の周りを散策です。天気はまずまずです。

Img_1207 Img_1206 Img_1216 Img_1215 Img_1219 Img_1212 Img_1217 Img_1211

07:30 朝食

Dsc02579

 朝食時、マスターに”川湯温泉あたりで、トランポを駐車したいんだけど、どこか良いとこない?”と聞くと、”川湯エコミュージアムセンターあたりが良いですよ”との事。

 8:21AMにお宿を出発。川湯温泉を目指します。

08:55 川湯エコミュージアムセンター

Dsc02580

 ここにトランポを駐車します。

 バイク(XR230)を降ろし、タンデム林道ツーの準備です。15分くらいで準備を完了。09:16AMに出発です。

09:37 屈斜路湖畔林道

Dsc02582

 入り口に到着です。なんどかんだと20分くらいかかりました。

 入り口の看板には、19,066mの表示。まずまずの長さです。予想通り、超フラット。タンデムが気になりません。ちょっと、予想と違って、屈斜路湖の眺望はあまり良くありません。

Dsc02583 Dsc02584 Dsc02585 Dsc02588

10:31 道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠

 屈斜路湖畔林道を完走し、R243を少しだけ登って、道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠に到着です。

 素晴らしいパノラマビューです。

Dsc02591 Dsc02592 Dsc02596 Dsc02599

 11:07にここを出発。2本目の林道に向かいます。

11:26 池の湯林道

Dsc02604

 入口に到着です。

 看板によると全長10,358m。これもまたまたフラット林道です。

 11:44に無事完走。摩周湖に向かいました。

Dsc02600 Dsc02601 Dsc02602 Dsc02603

12:10 摩周湖第一展望台

 先ず、摩周湖第三展望台に到着。2回目の摩周湖ですが、とても綺麗な青色です。

Dsc02605_2 Dsc026061 Dsc02607 Dsc02608

 これは、絶対に第一展望台まで行くべきと思い、脚を延ばしました。

Dsc02613 Dsc026101 Dsc02619 Dsc02627 Dsc02628

 予想通り、本当に良い景色です。大感激です。

 ”好事魔多し”。川湯温泉でランチにしようとバイクのセルスタータをプッシュ・・・。ピクリとも動作しません。イグニッションをオンにしたまま、バイクを離れてしまってたのです。しかし、そこは軽量コンパクト、おまけにキャブ仕様のXR230。ちょうど駐車場が坂になっていたので、おしがけです。簡単にエンジンがかかりました。

 13:03にここを出発。

13:29 川湯温泉 足湯

 独特の硫黄臭と強い酸性のお湯が川になって流れています。

 摩周湖から降りてきてバイクをトランポ、コンビニで昼食を調達し、川湯温泉 足湯に浸かりながら昼食です。

Dsc02629 Dsc02635 Dsc02634 Dsc02637

 13:55にここを出発です。

14:20 さくらの滝

 斜里川をさくらまずが遡上する様子が見られる滝です。

 写真も何枚も撮ったのですが、動画のほうが理解しやすいと思いますので、スマホで撮った動画を掲載します。

14:58 神の子池

 今回も綺麗です。岩魚が泳いでいました。

Dsc02648 Img_1341 Img_1352 Img_1345

15:49 開陽台

 360度、全てが見渡せました。

Img_1355 Img_1357 Img_1359 Img_1361

 16:12にここを出発。霧多布岬を目指します。

18:04 霧多布岬

 ここは昨年来てなかったので、どうしても来たかった所です。

Img_1383 Dsc02663 Img_1371 Img_1384

Img_1395

 本当に綺麗な所です。

 撮影後、ここのキャンプ場で車中泊の予定だったのですが、イマイチピンと来なかったので、霧多布温泉ゆうゆを様子見、結局、19:10、厚岸のほうまで行く事にしました。

19:47 道の駅厚岸グルメパーク

Dsc02665

 バイクを降ろし、荷室を寝室にチェンジ。

 霧多布に向かう途中のコンビニで調達してた晩飯を食べ、そうそうに就寝。

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/11 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(3/9)

[NV200]
走行前:35,712KmKm
走行後:35,983Km[271Km]
[MD36]
走行前:14,617Km
走行後:14,617Km[0Km]
shine今回のルート図はここをクリックして下さいshine 

Img_1172

Dsc02521

 昨晩から、天気予報は曇り。しかし、私たちを取り巻く天候は小ぬか雨。北海道では、これを曇りというのかとか二人で話してました。で、道路はウェットって感じです。

 今朝起床しても、同じような天気です。NV200の荷室内を片付け、バイク(XR230)を積載、いよいよ道内二日目のスタートです。 

05:30 起床

 06:30AMに道の駅かみゆうべつ温泉チューリップを出発。

 直ぐ近くの、セブンイレブン上湧別店で朝食の調達です。調達したおにぎり、サンドイッチなどをほおばりながら、知床五湖に向かいます。 

08:35 めまんべつメルヘンの丘

 道の駅 メルヘンの丘めまんべつ に立ち寄りました。

 道の駅から見える景色を撮影しましたが、なんかこうイマイチです。

 とりあえず、撮影とトイレを済ませ、網走方向へ行くと、絶景が目に飛び込んできました。先ほどまで撮影していたのは、少し斜め方向からの景色だったのです。危なかったですcoldsweats02

Img_1132 Dsc02531 Img_1128  Img_1117

 一番右のは女満別に着く前に迷い込んだ農道での風景です。北海道は至るところに絶景です。
09:35 天まで続く道

Img_1133


 昨年に引き続き、天まで続く道です。天気悪いです。

10:20 知床五湖

 ガスがかかって、景色は見えそうにありません。

 ・・・が、ここまで来て引き下がるわけには行きません。そうです、女房を知床五湖で降ろし、私はカムイワッカ湯の滝に向かいます。本当は、ここで、バイクを降ろし、XR230で滝を目指すつもりでしたが、生憎の天候なので、車で向かいました。

 10:23AMに出発。

10:44 カムイワッカ湯の滝

 昨年、カムイワッカ湯の滝から戻ってきたライダーに、VFRでは危険だと言われ、断念しています。

Dsc02537

 今回は、NV200でやって来ました。雨模様なるがゆえに、とてもVFRで来れるような道路状態ではありませんでした。ガタガタクネクネの道を、荷室に積んだXR230の動きに気を配りながら、且つ、知床五湖に降ろしてきた女房を気にしながら、車を走らせました。どこでも車の交差は可能なほど道幅は広いです。

Dsc02543 Dsc02541 Dsc02545 Dsc02549

 知床五湖より約10.7Kmの距離を21分くらいかかりました。駐車場はほぼ満杯状態です。入浴する気満々で、海パンに着替え、一の滝に登ります。お湯の状態は、ほんのり温かい感じです。とてもパンツ一丁になって入れる状態ではありません。足湯と記念撮影だけで済ませました。

11:15 知床五湖(再)

 湯の滝から知床五湖までの戻りもやはり21分かかりました。差はありません。

 NV200、泥だらけです。

Dsc02550 Dsc02552 Dsc02551_2

 女房は、高架木道で一湖まで行って来たそうです。ガスで殆ど景色は見えなかったそうです。大陸の方々が大声で話しながら歩いていたそうです。

Dsc_0258 Dsc_0255 Dsc_0264 Dsc_0266

 予定の11:30よりは早めに着いたので、ここで携帯で女房を呼び出し、11:16にここを出発。ウトロに向かいます。

11:44 ウトロ漁協婦人部食堂

 漁協婦人部食堂で昼食を頂きました。

 お昼前だったせいか、すんなり入れましたが、我々が出るころは行列でした。

 私は、ほっけ定食(\1,200)、女房はいくら丼(\1,700)を注文しました。ほっけ、超デカイです。美味かったです。

Dsc02556 Dsc02554 Dsc02557 Dsc02559

14:00 知床クルーザー観光船ドルフィン 知床岬コース

Dsc02573

 知床クルーザー観光船ドルフィン 知床岬コースを予約してありました。出航が14:00だったので、昼食後、知床世界遺産センター等で時間をつぶしました。

 定刻の14:00、いよいよ出航です。クルーザ前部に10名ほど乗れるので希望者はこちらに並んでくださいと言われたので、直ぐにそっちに並びました。

 この選択が吉だったのか凶だったのか・・・。羆を撮影できたのは吉。女房がお尻を強打したのが凶、てとこかな。

Img_1137 Img_1141 Img_1151 Img_1154 Img_1160 Img_11721 Img_11691 Img_11881 Img_1201

 兎に角、小さい船なので揺れが凄いんです。我々は、前部だったので必死に捕まってました。船内にいた人は、30名中5~6名が死んでました(リバース状態)。

 クルーザ系は天気の良いべたなぎの時が良いですね。ただ、かなり岸に寄ってくれるので、羆を見たい方にはお勧めです。

17:53 ロッジ風景画

 清里町にあるペンションです。

 昨年も利用したので2年連続です。

Img_1203 Img_1205 Dsc_0269 Dsc_0268

 お風呂に入った後、値段(\7,200/人)の割に美味しい夕食を頂きました。疲れていたので、21:30には既に眠ってました。

Dsc02574 Dsc02575 Dsc02576 Dsc02577_2


にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/10 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(2/9)

[NV200]
走行前:35,086Km
走行後:35,712Km[626Km]
[MD36]
走行前:14,581Km

Dsc02473



 いよいよ4:30小樽港入港です。
 3:00AM過ぎには、周りに動きが出始めました。外の様子を見てみると、曇り?小雨?。あんまり天気は良くなさそうです。
 今日は、宗谷まで行って、白い道を走って、出来る限り南下するという計画です。はてさていかがなりますものやら・・・。
04:44 北海道上陸

Dsc02405

 いよいよ、北海道に上陸しました。
 四脚六輪の旅 北海道2016の始まりです。
 天候は曇り。少し寒いようです。
 先ずは、朝食調達の為コンビニへ。偶然ですが、小樽らしい建物の直ぐ隣のコンビニへ入りました。”
亀甲蔵”という看板がかかっています。どうやら酒屋さんのようです。
 また、このコンビニでくじを引いたのですが、なんと、大当たり。Axing リチウムバッテリー 5000 18.5Wh L を頂きました。幸先の良いスタートです。

Dsc02407 Dsc02408 Dsc02409 Dsc02410

Dsc02411

 05:02AMに稚内に向けてスタート。
 勿論、朝食を頂きながらのドライブです。
 バイクじゃこうはいきませんが、車なので楽勝です。
09:53 野寒布岬 (のしゃっぷみさき)

Dsc02423_2

Dsc02418

Dsc02425

 流石に、トイレ休憩とごくわずかな撮影タイムだけで、ひたすら走っただけのことはあります。
 なんと、10:00AM前にノシャップ岬に到着です。
 天候はほぼ全域で曇り。天塩の当たりが雨でした。
 おっと、それから道中、女房が気に入ったと言ってる植物を記念撮影しておきました。
何がそんなに良いのか私には判りません。

Dsc02433 Dsc02428 Dsc02429 Dsc02430

10:13 北防波堤ドーム

Dsc02437

 稚内なので、やっぱりココ。北防波堤ドームです。







11:07 宗谷岬

Dsc02451

 本日のメインイベント会場、宗谷岬に到着です。

 まずは腹ごしらえです。ぶっかけ丼の店で丼を頂きました。
 私が、うに丼(\2,900)、女房が宗谷三色丼(\2,380)です。奮発しました。これには二人、大満足です。

Dsc02441

Dsc02446 Dsc02443

 この後は記念撮影を済ませ、いよいよ、白い道ツーリングの準備に取り掛かりました。準備とっても、バイク(XR230)を降ろして、ライディングウェアに着替えるだけなので、15分です。
 事前の調査で、白い道とは稚内フットパスの宗谷丘陵コース(ロングコース約11Km、約4時間)のゴール直前の約2Kmとの事。
 準備を終え、11:56にタンデムスタート。
 少し道を間違えたりしながらも、生憎の曇空の中、宗谷丘陵コースを往復したり、他の白い道探索をしながら、90分程度遊んでました。
 白い道ですが、私には無理ですが、腕のある人ならオン車でも大丈夫です。TRIUMPH SPEED TRIPLEに乗った方も往復されてましたし、かつ、この方は動画撮影の為に、Uターンまでされてたようです。

Dsc02463 Dsc02464 Dsc02487 Dsc02475

 13:47に南下開始です。
17:14 道の駅・かみゆうべつ温泉チューリップの湯

Dsc02503

 今日は車中泊の予定、且つ、なるだけ知床に近づきたかったので、湧別の道の駅まで来ました。
 勿論、定番のエサヌカ線、昨年撮りこぼした紋別の蟹の爪は外せません。


Dsc02491_2 Dsc02498


  初日の走行距離としては、驚異の626Kmです。朝の5:00AMから12時間も走ってます。疲れた体に鞭打って、二人でせっせと準備しました。バイクを降ろして、車中泊環境を準備するのに、30分程度かかります。結構、面倒です。

 この後、この道の駅には、温泉と食事が出来るので、一風呂(\500)浴びた後、晩飯を食べました。温泉は、弱アルカリで美人の湯系です。良いお湯でした。
 晩飯は、私は、ゆうべつ牛ステーキ(180g)定食(\1,300)。女房は知床鶏ステーキ定食(\850)。これまた二人とも大満足です。

Dsc02508 Dsc02510 Dsc02518

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

2016/07/09 ハイブリッドツーリング to 北海道2016(1/9)

[NV200]
走行前:34,770Km
走行後:35,086Km[316Km]
[MD36]
走行前:14,555Km
走行後:14,555Km[0Km]
 昨年のVFRでの北海道ソロツー2015に引き続き、今年も北海道に向かいます。
 見慣れぬタイトルで、”なんじゃこりゃ!?ハイブリッドって何??”と思われるでしょう。も少し、日本語で説明すると、”四脚六輪の旅”。さらに訳が判らなくなった方の為に、より判りやすく説明すると、女房と私の二人(四脚)でNV200にXR230を積んで(四輪+二輪→六輪)、北海道を旅するのです。
 実は、私、この4月で勤続35年です。会社からはその褒賞として、旅行券\70,000、リフレッシュ休暇五日間を頂きました。そして、幸か不幸か私の女房も同期入社なので、同じ褒賞を頂きました。
 で、この旅行券と休暇を使った旅を考えた結果、”四脚六輪、北海道の旅”となった訳です。
05:05 自宅を出発

Dsc02355

 昨晩の内に荷物の大物はNV200に積載済み。
 朝から小物類を積込み、いよいよ出発です。
 出発時は天候は曇りです。
 先ずは、北陸自動車道金沢森本I.C.に向けて出発です。
08:32 新日本海フェリー 新潟フェリーターミナル

Dsc02358

 新潟市に入ると、結構強めの雨です。それまでは、弱雨でしたが、新潟は違いました。
 新潟フェリーターミナル直前で、給油。そして、近くのセブンイレブンで昼食を調達。

Dsc02361_2

 フェリーターミナルで乗船手続きです。
 今回、夏旅GOGO割という割引商品(\33.950)を申し込んでいたので、年齢を示す証票が必要でした。
なので、『e乗船券お客様控』が発行出来ず。乗船手続きが必要だったのです。
 女房はターミナル事務所の二階から徒歩で乗船。私は、NV200を運転してフェリーのお腹の中に乗船です。
09:50 フェリー”らいらっく”に乗船
 多くのライダーさんたちも乗り込まれていました。車よりも早く、9:00AMから乗船開始されてたようです。乗用車の乗船は予定通り9:30AM頃から始まりました。

Dsc02365

 今回のお部屋は、”ステートBツイン インサイド”。昨年のカプセル(ツーリストJ?)と比べると雲泥の差です。かなり、まともです。
 女房は初めての大型フェリーなので、船内を案内してあげたり、昼食を食べたり、お風呂に入ったり、午睡したり、フルートのデュオコンサートを聞いたり、晩飯を食べたりで、過ごしました。

Dsc02376 Dsc02380 Dsc02385 Dsc02386 Dsc02387 Dsc02390_2 Dsc02393 Dsc02397_2 Dsc02400 Dsc02401

 さて、これから一眠りすれば、いよいよ北海道です。
 明日からの、レポート、お楽しみに!!!

にほんブログ村 バイクブログへ upwardleftポチッと押してねcryingcrying

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村 パーツ